前日光つつじの湯@鹿沼

Cimg7724s

久しぶりの「湯」カテゴリー。
まだ、オイラがカプチーノに
乗っていた頃から通っている
前日光つつじの湯でし。

143

↑8年前の2001年12月に!
オープンカーで寒風ついて
突撃したときの記録写真。

pH9.7というアルカリ性硫黄泉なので
お湯は相当「ヌルっ」としますが
オイラのような、超アブラっぽい奴でも
相当のすっきり、すべすべ感を
実感できます。
ただ「公衆浴場法の規制で…」ってことで
露天風呂のバブルバスエリアが
無くなっていたのは残念。
(滝湯も×だった)
浅くて、寝転がれて、しかもほどほどの
湯温なので、なが~く入れるお風呂の
素敵なエッセンスだったんですけどね。
やはり、レジオネラ菌の蔓延の方が
怖いのでしょうか。

Cimg7722s

そして、つつじの湯のメインは
なんといってもこの蕎麦。
今は鹿沼市に統合された粟野町は
蕎麦どころでもあり、今回の行程でも
あちこちで満開の蕎麦畑を通過しました。
↑は5合蕎麦1,500円。
3人前ぐらいあります。
いかにも田舎蕎麦という佇まいに違わない
…言い方は悪いかもしれないけど…
「ごりごり」とした食感の蕎麦なのですが
洗練さとは対極にある「どうだ!これが蕎麦だ!」
っていう満足感を味わえる一品です。

Cimg7723s

↑季節の野菜のてんぷらはなんと
たったの300円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万座高原ホテル@群馬

08082342

今回の夏休みはこちらのホテルに
お世話になりました。
温泉好きにはたまらない
硫黄臭たっぷりの白濁の湯。
名物標高1800mの露天風呂
石庭露天風呂には8つの湯船。
2種類の源泉から白っぽいお湯と
黄色っぽいお湯がかけ流しされています。
こちらは混浴のため、女性には
若干敷居が高いかもしれませんが
不織布の湯浴み着(1000円)や
レンタルの大判バスタオル(100円)が
用意されています。
湯船の数が多いうえ、熱湯からヌル湯まで
温度管理されていますので
時間が許すなら、永遠に浸かって
いられそうです。
男女別の内風呂にも2種類の源泉が
ちゃんとひかれてますから
どうしても混浴が「ダメ!」って方は
そちらへどうぞ。
ちなみに、こちらのホテルは
プリンスホテルグループに属しますので
隣接する万座プリンスホテルの
青みがかった温泉も無料で楽しめます。
(1時間に1本程度のシャトルバスあり)

元々はスキーがメインの宿ですから
伝統的な和の温泉宿って雰囲気は
客室にも料理にも感じられませんが
(バイキング料理は美味でした~)
リーズナブルに本格的な温泉を
楽しみたいご家族には超お奨めです。

http://www.princehotels.co.jp/manza-kogen/onsen/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮騒の湯@大洗

え~、久々のカテゴリー「湯」です。
ちょいと地元からは離れるのですが
常磐自動車道を使うと
ほぼ1時間という近さ。
(余談ですが、常磐道っていつも
空いているので、我がオデッセイ君は
燃費をバリバリ伸ばします。
一応フルタイム4駆の2400CCですが
軽く12km/リットルは走ります。)

常磐自動車道から北関東道に
枝分かれして水戸大洗ICで降りて
10分弱ほど。
太平洋をのぞむ海岸に
潮騒の湯があります。
泉質はナトリウム塩化物強塩泉。
太古の海水が強烈にしょっぱいお湯です。
いつもサーファーでにぎやかな海岸が
露天風呂の前に広がる…
ってことはサーファーからも丸見え
なのですが、気にしない気にしない。

Sa3a0003s

さて、こちらのお勧めは
何といっても新鮮な海の幸。
キャッチコピーが↑ですから。

Sa3a0006s_2

天丼など頼みますと
ご覧のとおり「器からはみだした」
海老天が味わえます。

Sa3a0004s  Sa3a0005s

ミニうに丼付きのそばセット。
揚げたてさくさくの天麩羅盛り合わせ。
どれをとっても美味でございます。
このほかにも水槽内の活魚
採れたて新鮮な貝類等々
素材を選んで調理してもらうメニューも
充実しています。

http://www.siosai.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯の郷@野田市

カテゴリー「湯」連荘でしcoldsweats01

風呂(温泉)は私のリフレッシュには
欠かせないアイテムでございまして
昨今、その選択肢が増えて
嬉しい限りでございます。
特に他所とのアドバンテージを
確保すべく「食事」に個性を
光らせる店舗もそこかしこ…
しか~し、高くて美味いは当たり前。
B級でも美味いものを探すのが
食の醍醐味です。

Sa3a0002s

地元野田市のスーパー銭湯
「湯の郷」内の温泉食堂「郷」から
お勧めのメニューは…

Sa3a0001s_2

韓国冷麺でございます。
このボリュームでなんと500円。
冷麺には2種類あるそうで
盛岡冷麺を代表とする
スープがかかった冷麺
「ムルレンミョン」の方が
一般的かもしれませんね。

こちらの冷麺は
「ビビムネンミョン」という
スープ無し混ぜ冷麺です。
ツルツルでコシの強い麺に
レタスとネギと糸唐辛子
さらにキムチがたっぷり乗って
コチュジャンが良く効いた
ピリカラのたれがかかっている。
これらを徹底的に混ぜて
音や飛び散るたれを気にせず
ひたすらすすりこむ!!
美味いです。
動物性ネタは一切無しなのに
満足感高い一品です。

あ、ちなみにお風呂の方ですが
比較的広い野天スペースを含め
バリエーションは豊富。
中でもぬるい人工炭酸泉は
ゆ~っくりつかるには
もってこいのお風呂ですね。
温泉ではありませんので
入館料も比較的リーズナブル。
我が家はさらにお得な
回数券オンリーhappy02

http://www.310gp.com/yu/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒーリングヴィラ@印西

Sa3a0005s

カテゴリー…悩むな~
んま、直接的に新規カテゴリー「湯」。

天然温泉とサウナがメイン。
館内着で移動できる範囲は
男女兼用。
「週末は激混み」なんて情報が
ありますので基本的に平日しか
行ったことはないのですが
数ある趣向のサウナは
「自分が入りたい時に全部」
なんて考えさえ持たなければ
ストレスなく楽しめます。
それでも圧倒的に女性が多いので
女性専用スペースは
それなりにいつでも混雑している
ようです。
(男性専用コーナーは貸切もしばしば)

Sa3a0004s

食事はアジアンビュッフェがメイン。
「アジアン」とか言ってますが
「韓国風冷奴」とか
「中華風おひたし」とか
和食にアジアの色を添える
ってな感じでしょうか。
(唐揚やらシュウマイもあるし(^^ゞ)
んでも多分、野菜は普通以上に
摂取できるのではないかな。

入館料¥1,500
ビュッフェ¥1,500
これだけで大人一人¥3,000。
高いか安いかはそれぞれの
お考えがあると思いますが
半年に1回くらいのイベントとしては
それなりに満足感をえられます。

http://www.healingvilla.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)