« エイジングビーフ@西日暮里 | トップページ | 2016 Autumn Vacation in Taipei vol.1 »

不惑男のV-MAXな日々vol.56(ツーレポ@信州の温泉&高原お泊り)

平成28年度上半期のツーリング開催が
「ゼロ」で終わってしまう寸前だった
ツーリングクラブ駆凜。
平成28年9月24日付、一念発起のツープラは、
なんと史上最速のお泊りツーリングとなりました。

160924085714s

前日からの雨が朝まで残る予報となり
当初の予定を割愛して、集合時間を
後ろ倒ししました。

160924085728s

…ということで、ナビなどをセッティングして
午前9時過ぎに野田を出発しました。

160924114632s

途中、給油やら買い物やらで寄り道しつつ
約2時間半で集合場所の関越道上里SA到着。

160924114756s

重鎮お二人は例のごとく先着です。

160924121002s

t.t.powerさんたちの合流はもう少し後
ということでしたので、この3人でランチ。

160924122506s 160924122500s

程なく、t.t.power&友情参戦KAZさん合流。

160924124310s

雲の加減でぽつりぽつりと雨粒を感じる程度ですが
団長&技能長はカッパ装着。

160924124106s

給油も済ませて…

160924124338s

いざいざ出発。
上信越道を碓氷軽井沢まで下り
中軽井沢から折れて北軽井沢方面へ…

160924140930s

天気がよければバックは浅間山になるはず
なのですが、とことんガスの中。

160924141410s

到着したこちらは浅間火山博物館

160924141006s

んでも、目的は火山ではなく…

160924141550s

坂道を少し登った先にある…

160924141540s

浅間記念館です。

160924141556s

ただし入場チケット(300円)は火山博物館で購入します。

160924141640s

大藪春彦氏の名作「汚れた英雄」で北野晶夫も走った
浅間高原レースの歴史を紐解くバイクの展示館です。

160924141920s 160924141936s
160924141942s 160924141948s
160924142000s 160924142642s
160924142108s 160924142142s
160924142152s 160924142416s
160924142510s 160924142926s

ナンバー付きで現役レベルを含むビンテージバイク達が
磨き上げられて、ログハウス風の館内に展示されています。

160924144240s 160924144256s

さてと、再出発。
北軽井沢で給油して、鳥居峠を経由し
上田方面に走ります。

160925084850s

2時間ほどで本日の宿泊地、戸倉上山田温泉の
リバーサイド上田館に到着。
バイクは地下駐車場に案内されました。

160924171702s 160924171754s

ライジャケ脱いだらすぐに買出し。
温泉の前にまず乾杯。

160924183558s 160924183602s

もちろん、お風呂上りにもう一杯。

160924184806s 160924184752s

引き続き、ディナーバイキング会場に突撃。
会場は広大で、入場時刻の指定も無く
この手の夕食にありがちな席取りゲームも不要です。

160924185140s

まずは、オイラを含めた5人で乾杯。

160924191404s

そして、何故かここから盛り太君登場。
実は午前中、仕事をこなしてから
単独走行でお泊りに合流してくれました。

Dsc_0859s

そうそう、さすが信州の温泉地。
呑み放題には、私の大好物「真澄」も
ラインナップされていました。

160924203644s

部屋に戻って本日5回目の乾杯(^_^;)

160924211326s

あ…団長が堕ちた(-_-)zzz

160925084714s

さて、日付が変わりまして9月25日。
朝風呂でも確認済みですが、
今日は昨日と打って変わって上天気です。

160925084738s

今回、盛り太君のレンタルバイクは
ヤマハ渾身の中型スポーツR3です。

160925084756s

そうそう、都合によりt.t.power&KAZさんは
ここにてお別れで直帰されます。

160925090556s

まずは最寄のGSでガソリン補給。

160925100046s

1時間ほどで和田宿のコンビニに到着。
本当にツーリング日和です。
バイクも数え切れないくらい走ってます。

160925101130s

コーヒー&トイレ休憩しました。
これから美ヶ原高原に挑みます。

160925105014s

和田宿からのルートは、ラストがかなり
キツイのですが、約30分で登頂しました。

160925105044s

記念撮影して帰途につきましょう。
岡谷ICから中央自動車道を辿ります。

160925133346s

はい、美ヶ原高原から約2時間半。
盛り太君のレンタルバイクの返却時間を確保するため
ノンストップで談合坂SAに到着しました。

160925133350s 160925133422s

こちらも無数のバイクが集まってました。

160925133448s

さてと、ちょっと遅めのランチに向かいましょう。

160925135648s

14時近い時刻ですがフードコートは
相変わらずのごった返し。

160925135552s 160925135554s

食券買ったはいいが、席が無い。

160925135542s 160925135546s

何とか着丼前に席を確保しました。

160925135728s

技能長&団長の醤油ラーメン

160925140014s

オイラの鶏塩ラーメン

160925135726s

そして「共食い」盛り太君の豚丼です。

160925142938s

解散ドラミが盛り太君リクエストどおりの
14時30分。

160925161304s

中央道は相変わらず上野原あたりから
大渋滞になっていましたが
オイラは八王子から圏央道へ脱出。
1時間半ほどで野田に到着して給油。

160925162222s

総走行距離約577km!!

16092425map

久しぶりに走り応えのあるツーリングでした。
TC駆凜構成員の皆様お疲れ様でした。
またの機会もよろしくお願いいたします。

まずは、オイラが撮影した動画を
手抜きの無編集にてm(__)m

動画①

動画②

動画③

動画④

動画⑤

動画⑥

動画⑦

続きましてはt.t.powerさん監督作品

|

« エイジングビーフ@西日暮里 | トップページ | 2016 Autumn Vacation in Taipei vol.1 »

不惑男のV-MAXな日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155739/64279263

この記事へのトラックバック一覧です: 不惑男のV-MAXな日々vol.56(ツーレポ@信州の温泉&高原お泊り):

« エイジングビーフ@西日暮里 | トップページ | 2016 Autumn Vacation in Taipei vol.1 »