« fumiemi's summer vacation 2015 vol.2 | トップページ | fumiemi's summer vacation 2015 vol.4 »

fumiemi's summer vacation 2015 vol.3

P8210472s

モーニングコールは午前6時。
旅程3日目のパリは晴天です。

P8210473s

出発時間は他のツアーも重なっているようで
ホテルから少し離れた場所で乗車しました。

P8210477s

2泊お世話になったNovotel Paris Est。

P8210478s

市街地は今日も少し渋滞。

P8210479s

車窓からは明日お世話になるTGVの
操車場が見えました。

P8210481s

市街地を抜けると高速の流れは順調に。

P8210484s

しばらく走ると大穀倉地帯ボース平野が
広がります。

P8210485s

ここで本日第一の目的地シャルトルの
散策マップが配布されました。

P8210486s

ほどなく車窓の正面に2本の尖塔が
見えてきました。

P8210487s

シャルトルの中心街も間もなくです。

P8210497s

パリから約1時間半でシャルトルに到着。

P8210499s P8210501s

まだ朝早いせいもあるかもしれませんが
喧噪とは無縁の静かな街並み。

P8210503s

この町はご覧のような木骨組みの建物が
特徴との説明がありました。

P8210502s

さあ、大聖堂を目指しましょう。

P8210507s

雲ひとつ無い紺碧の空にそびえたつ
正式名称「ノートルダム大聖堂」
1979年に世界遺産に登録されています。

P8210510s

シャルトル大聖堂の特徴のひとつ
左右で様式の違う尖塔。
左側はゴシック様式。

P8210511s

右側はロマネスク様式。
800年以上に亘り火災と再建を繰り返してきた
歴史を表しています。

P8210514s

では大聖堂の内部へ。

P8210515s

胴長の諸王に見下ろされながら入場です。

P8210524s

晴れた日の午後がベストということですが
圧巻のステンドグラスがお出迎え。

P8210521s P8210523s

P8210519s_2 P8210520s

P8210531s P8210534s

現代では再現できない色も
あるということです。

P8210529s P8210533s

彫刻も負けず劣らず素晴らしいものでした。

P8210542s P8210508s

P8210550s P8210551s

街並みをぶらぶら眺めつつバスへ戻ります。

P8210556s

続いてバスはロワール地方を目指して出発。

P8210557s

のどかな穀倉地帯には似つかない
派手な自動車事故にも遭遇しました。

P8210552s

地平線まで続く穀倉地帯には数多くの風車と…

P8210561s

フランスの国策事業、原子力発電所。

P8210562s

いかにもヨーロッパ…って感じの並木を抜けると…

P8210563s

次の目的地シャンボールはもうすぐです。

P8210568s

正面奥に小さくシャンボール城が見えました。

P8210570s

シャルトルから2時間弱でシャンボール城に到着。
日差しは暑いですが、空気が乾いているので
不快感はありません。

P8210572s

フランソワ1世が1500年代初頭に狩猟小屋
として建設した城。

P8210575s

小屋とか言ってますが、敷地面積は5440haで
なんとパリ市の大きさに匹敵するらしい。
日程の関係で内部見学はありませんでした。

P8210579s

車窓にローマ時代の水道橋などを眺めつつ
バスは進みます。

P8210580s_2 P8210581s

P8210589s P8210590s

ロワール河沿いにも古い街並みが続きます。

P8210592s

バスはアンボワーズを目指していますが…

P8210593s

街道沿いで途中下車。

P8210595s

本日のランチは、なんとこの「崖の中」

P8210597s

スロープを下って…

P8210598s

扉を開けると…

P8210599s P8210600s

ひんやりとした空気の素敵な空間が
広がっていました。

P8210601s_2

前菜は完熟トマト。

P8210604s

飲み物はキンっと冷えた白ワイン。

P8210607s

メインディッシュはソーセージと
ジャガイモでした。

P8210609s

旅程中、ずっとジャガイモにはお世話に
なりましたが、ここのイモ以上の味は
ついにお目にかかれなかったです。

P8210610s P8210611s

じっくり腰を据えて飲みたいって
思わせる、居心地の良いレストランでした。

P8210615s

レストランから10分程でアンボワーズに到着。

P8210624s P8210620s

アンボワーズ城を目指しましょう。

P8210625s

…とかいいつつ、城は見上げるほどの
高台の上。

P8210627s P8210630s

いくら空気が乾いていても
この急坂を登れば汗もかきます。

P8210631s

こちらがアンボワーズ城。
約500年前シャルル8世が建造。
一見こじんまりしているように見えますが
現存しているのは城の一部だけなんだそうです。

P8210635s P8210639s

P8210634s P8210644s

高台にあがりましたので、
城下町が一望できます。

P8210638s P8210640s

いや~しかし、見事な青空。
これが本当のフレンチブルーでしょうか。

P8210645s

ロワール川の対岸、こんもりとした
木の下から城を眺めているのは…

P8210637s

かのレオナルド・ダヴィンチ。

P8210642s

1516年、フランソワ1世に招かれて
この地に住んでいたダヴィンチの墓が
ここにあります。

P8210646s P8210647s

P8210650s P8210654s

ヴェルサイユのような華美な印象は無く
いかにも中世を感じさせる城内でした。

P8210667s

ミニムの塔を辿って場外へ。

P8210668s P8210669s

馬車も通行できたという
巨大な螺旋斜路です。

P8210670s

先ほど見下ろしていた城下町に
戻ってきました。

P8210672s P8210676s

P8210673s P8210675s

異国情緒に触れる散策です。

P8210678s

そうそう、集合時間に余裕があったので
スーパーにも立ち寄りました。
定番系のお土産を少し購入したんですけど
これ以降の旅程で、同じ品物でも
ここより安い価格表示には出会えませんでした(*_*)
定番商品購入するならスーパーが一番ですね。

P8210681s

さて、バスは耐久レースの聖地ルマンを横目に
ハイウエイを進みます。

P8210682s

のどかすぎる単調な道だからでしょうか…

P8210683s

また1台、路肩にひっくりこけていました。

P8220684s

次の目的地まで約340㎞の行程なので
SAで休憩。

P8220689s

はい、目的地を案内する看板が見えました。

P8220690s

そう、こちらも1979年に登録された世界遺産
モン・サン・ミシェルです。

P8220694s

汚れたフロントガラスの向こうに
その姿が見えてきました。

P8220703s

窓ガラスは邪魔ですが、羊とモン・サン・ミシェルの
定番ショット。

P8220710s

アンボワーズから約4時間かかって
本日のお宿に到着しました。

P8220707s

ご覧のとおり、モン・サン・ミシェルから
2番目に近いホテルDE La DIGUE。

P8220712s P8220715s

P8220716s P8220719s

荷物を部屋におさめて、夕食までの間
夕暮れのモン・サン・ミシェルを堪能。

P8220720s

現地時間で午後8時を過ぎていますが
この明るさです。

P8220722s P8220726s

ディナーはサラダに魚料理。

P8220725s

お供はハイネケン。

P8220723s

モン・サン・ミシェルが見える
テラス席でいただきました。

P8220727s

食事が終わるころ、いい感じに
夕闇がせまってきました。

P8220735s

ライトアップされたモン・サン・ミシェルが
くっきりと浮かび上がってきます。

P8220734s

モン・サン・ミシェルは悪天候が多いとの
ことですが、今のところ天候には
恵まれているようです。

P8220736s

さてと、宿に戻りましょう。
明日はモン・サン・ミシェル入場です。

以上、今日も盛りだくさんの
夏休み3日目でした。

|

« fumiemi's summer vacation 2015 vol.2 | トップページ | fumiemi's summer vacation 2015 vol.4 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155739/62185229

この記事へのトラックバック一覧です: fumiemi's summer vacation 2015 vol.3:

« fumiemi's summer vacation 2015 vol.2 | トップページ | fumiemi's summer vacation 2015 vol.4 »