« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

不惑男のV-MAXな日々vol.39(リヤブレーキパッド交換)

Cimg2657s 

今年の暮れで購入後2年の車検を迎える
魔子ちゃん2号ですが、日常点検で
見る限りブレーキパッドがカツカツ。

Cimg2656s

これからツーリングに良い季節を
迎えるにあたり「車検まで何とか」
なんて引っ張るよりは「安心感」を
確保しておきたい。

Cimg2658s

前後ともパッドは減り気味なのですが
いっぺんに替えると、不具合が
出たときにどちらが悪いか分からなく
なるので、まずはリヤブレーキから
着手することにします。

Cimg2659s

VMAX乗りのバイブルとブレーキパッド。
さらに、ディスクブレーキセパレーターが
今回初登場です。

Cimg2660s

まずはブレーキキャリパーを固定している
12mmボルト2本を外します。

Cimg2661s

作業性確保のため、ブレーキホースの
サポートも外します。

Cimg2662s

ブレーキキャリパーが外れました。

Cimg2663s

うわちゃ~、想像以上にパッド無いです。
とても年末まではもたなかったですね(*_*)

Cimg2664s

キャリパーのプラスチックカバーを
開放します。

Cimg2665ss

パッドピン脱落防止用のクリップを
前後2本引き抜きます。

Cimg2666s

テンションスプリングをきっちり
押さえながらパッドピンを抜きます。
テンションスプリングは前後が
ありますので向きを確認しておきます。

Cimg2667s

これでブレーキパッド構成部品は
全て解体できました。
パッドとピストンの間に入る
シムは再使用です。

Cimg2669s

しかし、パッドの残量はぺらぺら。
あやうくベースプレートで
ブレーキする寸前でした。

Cimg2668s

では、次にキャリパーの清掃です。
これから、このピストンを押し込みますので
傷や汚れがあったら大問題。
ピストン回りを徹底的に磨きます。

Cimg2672s Cimg2673s

清掃前の写真との差がお分かりになるでしょうか。
ブレーキパーツクリーナーとウエスで
根気良く磨いた成果です。
幸い、目立つ傷もありませんでした。

Cimg2677s

それではピストンを押し込みましょう。
まずはサイドカバーを外して…

Cimg2676s

リヤブレーキのリザーブタンクを開放します。
ピストンの押し込みであふれるおそれが
あるときは、あらかじめスポイトなどで
フルードを抜いた方が良いですね。

Cimg2675s

さあ、ここでディスクブレーキセパレータの
登場です。

Cimg2679s

古いバイクですから、正直相当固かった。
んでも、何とかここまで押し込みました。

Cimg2680s

はい、新品のブレーキパッドです。
今回のチョイスは、それほど飛ばすわけじゃない
オヂさんライダーの(?)ストリートユースに特化して
比較的安価ながら評判の良いプロジェクトμです。

Cimg2681s

取り付け前の定番の作業。
パッドの面取りをしました。
鳴き防止が主目的なので
短辺を重点的にやればOK。

Cimg2682s

ブレーキパッド裏面やシムの
組み上げ面には固着防止のため
シリコングリスを塗布します。

Cimg2684s

あとは、ばらした時と逆の
順番で組み上げます。
リザーブタンクを復旧したら
踏み応えがくるまでリヤブレーキを
何度もポンピングします。

Cimg2685s

普通に覗き込めばパッドの残量は
丸見えなのですね。
試乗レベルでは何の問題もありませんでした。
もちろん、ブレーキは重要保安部品です。
車検に間に合うようなら、オイラも
整備工場におまかせしていたと思います。
少しでも、自分の作業に不安を感じるようなら
手を出さない方が賢明です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤ交換@AF-51スタンドアップタクト

Cimg2616s

久々に登場、長女の愛車
AF-51スタンドアップタクトです。

Cimg2618s

中古で3年前に購入してから
約3000km走りまして
リヤタイヤがぼちぼち寿命。

Cimg2646s

はい、ということで純正サイズ
ダンロップの3.00-10 (42J) を
手配しました。

Cimg2619s

愛用の工具セットをそろえて
準備万端。

Cimg2620s

まずはメットインスペースを
開放して…

Cimg2621s Cimg2623s

スタンドロックのレバーと
オイルキャップを取り外し。

Cimg2622s Cimg2624s

メットイン底部とキャリアの
10mmボルトも取り外し。

Cimg2625s Cimg2626s

はい、これで開放できました。

Cimg2628s Cimg2627s

次はマフラー取り外しです
フランジ部はさびさびなので
潤滑剤を塗布してちょっと放置。

Cimg2629s

焦らず一服してからナット2個と
本体固定の12mmボルト3本を
取り外せばマフラーはフリーです。

Cimg2631s

オープンになった排気口には
異物混入防止のためウエスを詰め込み。

Cimg2630s

さあ、タイヤ交換作業着手です。

Cimg2632s

リアブレーキを握りながら
22mmのメガネを踏み降ろしたら
すんなりゆるみました。

Cimg2634s Cimg2635s

ドラムブレーキが開放されましたので
ブレーキパーツクリーナーで洗浄します。

Cimg2637s

いや~しかしツルツルです。
長女本人は全然気にして乗っていないので
お父ちゃんが注意深く点検するしかない(^_^;)

Cimg2638s Cimg2639s

素人のタイヤ交換で一番難儀するのが
ビード落とし。
オイラはいつも万力を使っちゃいます。

Cimg2640s

ビードが落ちればタイヤレバーの登場。

Cimg2641s

はい、するっと開放できました。

Cimg2642s Cimg2645s

もちろん、バルブも新品に交換です。

Cimg2655s

タイヤ交換専用のワックスもありますが
手元にシリコングリスがありましたので
組み込むタイヤに塗布しました。

Cimg2647s

タイヤは回転方向が指定されているので
必ず確認して組みはじめます。

Cimg2648s

それと、国内メーカーのタイヤの場合
タイヤバランスの一番軽いところに
黄色い丸(バルブマーク)がついてます。
両方のビードを入れ込む前に
このバルブマークをバルブの位置に
合わせてから組み上げましょう。

Cimg2650s Cimg2651s

空気を入れてタイヤは完成。

Cimg2652s

せっかく、バラバラにしましたので
プラグもチェック。
あとは、バラシと逆の手順で
組みなおして作業終了です。

Cimg2653s

うーん、バリ山(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミントタブレットストロング@TOPVALU

Cimg2566_2 

「通勤のお供」の定番は30代までは
とことんガムでした。
ところがどっこい、40代に突入した頃から
体重や腹回りに逆行するように歯が痩せ始めて
「詰め物脱落」が頻発するようになってきました。

んで、口寂しさをまぎらわすために移行したのが
ミント系のタブレット。
フリスクがワールドワイド的には標準品かもしれませんが
しがない「お小遣いオヤヂ」に、このような生活必需品は
ボディブローのように財布に響いてくる。

ということで、すっかり定番でお世話になっているのが
トップバリュタブレット(ストロング)です。
フリスク1箱分の定価未満で4箱分買えます(^^)/
ストロングの刺激も満足感高いです。

そうそう、ここで紹介しているタブレットは詰め替えタイプですが
元のプラスチックケースも長いこと使うと当然へたります。
ということでオイラは↓コレを愛用しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »