« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

サリーちゃん日記.vol.3(スペアキー製作)

例年以上に忙しい年度末を過ごしております(*_*)

…とか何とか言い訳ぶちかましつつ小ネタを。

サリーちゃん。
新古車状態とは言え「中古は中古」
基本は「そこにある状態」で買わないといけない。

Cimg1795s

ピッカピカのサリーちゃん購入で
唯一と言ってもよい「懸念事項」が
メインキーが1個だけということでした。
サリーちゃんとのお付き合いを
長続きさせるに、合鍵作成は不可欠。

Cimg1729s 

普通に合鍵を作るだけならどこでも
可能ですが、最近のバイクはキーホールが
シャッターでカバーされているから
シャッターキーが必要なんですよね。

Cimg1797s_2

中は小さなマグネットが4つ入ってて
NSの組み合わせでロックがフリーに
なって、シャッターがオープンできる。
もちろん、合鍵を作るなら同じ機能を
もってもらわないと困るわけです。

バイクの合鍵、普通タイプならバイク用品店で
作成可能ですが、少なくともオイラの守備範囲では
シャッターキーに対応した合鍵は扱ってませんでした。
ネットで「シャッターキー、スペア」とかで検索すると
結構、皆さん苦労されているようですね。
一応、購入したバイク王さんに
「純正のブランクキーは手に入る?」って
確認してもらったんですけど
「シャッターキー別体タイプで8,400円です」
というお答えでした。
別体だと、片方無くすリスクもあるし
何より「高いな~」というのが正直な感想。

んで、最終的にオイラのたどり着いた答えは
皆さんご存知「鍵の救急車」さん。
特に錦糸町店はオイラの勤め先の本当に
すぐご近所なので、昼休みに訪問してみました。

Cimg1798s

元鍵を持ちこんで「シャッターキー付きで
スペア作れます?」と聞くと、
あっさり「3,150円ですけどいいですか?」
ってなお答え。

Cimg1799s

出来上がりはご覧のとおり。
元鍵はシャッターキーの部分が
フレキシブルに動く構造になっていますが
固定式でコンパクトな合鍵の方が
普段の使い勝手は良いです。

シャッターキーのスペアでお悩みの方の
ご参考になれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクジャケット@X-GARAGE

バイク用のジャケット。
選択肢は星の数ほどありますね。
素材もナイロン、フェイクレザー、本革。
有名ブランドの本革モノなどになりますと
それこそバイクが買えちゃうような価格。

オーダーメイドで「一生モノ」なんてのが
買えれば誰も苦労しませんが
しがないお小遣いライダーに
そんな余裕はない(T_T)

コミネのナイロンジャケットを
ふだん使いにしつつ、昨年から気になってたのが
X-GARAGEさんという会社のサイト。
オイラの好きなあきばお~さんに通じる
若干うさんくさい(失礼m(__)m)品揃えながら
フェイクレザーのバイクジャケットの価格は
ちょっとしたトレーナーぐらいの
8K円という信じられない設定。
「安物買いの銭失い」の可能性は
無きにしもあらずながら
「これでもか!!」のYAMAHA
ハデハデさによろめきまして
「ポチっ」しちゃいました。

Cimg1771s

はい、到着しました。
素材由来のものだと思いますが
ちょっと独特の匂いがします。

Cimg1772s

脊髄・肩・肘のポケットに挿入する
ウレタンのパッドが入っています。

Cimg1773s

はい、完成。
表面のタイル状のパターンの中にも
パッドが入っていて安心感はあります。

ちなみにサイズですが、当方が普段から
標準にしているXLをチョイスしました。
(参考までに179cm、70kgぐらいです)
全体的に結構たっぷり目の作りですが
特に、いつも不足ぎみになる裄長けに
余裕があったのは高ポイントでした。

肝心の作りは…
「この価格じゃこんなものだよね(^_^;)」
っていうのが正直な印象。
糸の始末やワッペンの縫込みなんか
日本ならアウトレットにもならないレベル。
フェイクレザーも若干ごわついた感じがあり、
袖口や腰周りのアジャストベルトなど
基本は押さえていますが
おせじにもフィット感があるとは言えません。

んま、繰り返しになりますが
なんと言ってもこの価格。
吉と出るか凶とでるか
長期(になるといいな)使用レポートを
スタートいたしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »