« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

次期主力戦闘機降臨(*^^)v

2013年12月29日(日)午前9時40分。
毎日、通勤で通過しているスカイツリーライン
草加駅を下車したオイラが向かったのは…

Cimg1707s

んま、説明は不要ですね。
この手の大きなバイク屋さんで買うのは
正直はじめてなのでありますが
こちらも把握していなかったリコール対応を
済ませてから納車してくれました。

Cimg1709s

じゃ~ん(^^)/
シグナス-X XC125SR WGP50th Anniversary Edition

Cimg1721s

シグナスX自体はYAMAHAのベストセラーG2。
今年のはじめにビッグマイナーチェンジをして
さらに販売好調のようですが、私が選んだのは
ストロボカラーもまぶしい50thアニバーサリー。
↑のリンクを辿っていただければわかるとおり
2012年2月に1500台限定で発売されたモデルです。

Cimg1712s

もちろん、ヤマハ大好き人間としては、
アニバーサリー発売と同時に
「物欲大爆発」だったのですが
当時のオイラは魔子ちゃん2号購入に向かって
「爪の先に火を灯す」ような日々。
新車購入なんて夢のまた夢。
1500台なんてあっという間に完売しちゃったことでしょう。

Cimg1710s

使い古された言葉ですが「中古車は一期一会」
運とタイミングを外すと、なかなか良い出会いには
めぐり合うことはできません。
毎日覗くGooBike。暮れのボーナス直後に
2012年モノに絞って検索をかけたらビンゴ!!
走行距離200km未満の新古車を発見。
諦めていたピッカピカのアニバーサリーを
手に入れてしまいました。

Cimg1717s

手続きを一通り終えて自宅までトランスポート。
整備の方の送り出しの言葉は
「まだ、慣らしが終わってませんので気をつけて」
う~ん、良い響きだ(^_^;)

Cimg1724s

草加から自宅まで走り終わったら
ちょうど「ゾロ目」の222km
しかし、この画像だけだとタコメーターがでかくて
とてもスクーター用とは思えない。

Cimg1715s

まずは率直なインプレッション。
「遅い(-_-)」
前日の記事をごらんいただければ
お分かりのとおり、オイラは2ストの
スクーターしか乗ってきていません。

Cimg1718s

それでもリードの90から約4割増しの
排気量なので、淡い期待はしていたのですが
無残に砕け散りました(*_*)
小排気量の4ストって、こんなものなのね。

Cimg1722s Cimg1723s

んま、間違いなく環境には優しいし
想像だけど燃費も良い…はず…
じっくり付き合っていきたいと思います。

さてと…愛称はどうしようかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふみえみの通勤スクーター遍歴

田舎者のうえに、駅からも遠く住んでいるため
社会人になって以降、通勤にスクーターは欠かせません。

今回およそ20年ぶりに新車(に近い)スクーターに
乗り換えることになりましたので
ちょいと、おさらいをしておきましょう。

Rans 

今の場所に居を構えたのが1990年。
家の頭金払って「カツカツ」でしたので
引越し直後は家人が乗っていたスズキ蘭。
これで2年間ほど頑張りました。

33

そして1992年、念願の新車ホンダリード50(AF-05)を購入。
↑はボアアップして72㏄になってからのリード君。
購入した当時は影も形もなかった末っ子が
一緒に写ってます。(こやつも今では中学生。)
しかし、ボアアップして1年もしない2002年9月18日。
購入後10年にて盗難されてしまいました。

6

「傷心の私」の次の愛車になったのは、
義母のおさがり、ホンダパル。
ガレージで朽ち果てる寸前の状態から
復活させました。
2年間で約2千キロぐらい走りましたが
とにかく遅いスクーターでした。
2004年、漏り太君のお友達に譲りました。

S0

次の愛車はてきーら師匠のお友達から
2004年9月に譲っていただいたスズキセピア。
性懲りも無く、こちらも62ccにボアアップ。
ハイスピードプーリーなどぶちこんで
3年間ほど、愛用していたのですが
団長のDIOと同様「ピストンの圧抜け」で
徐々に不調になり↓のリードと入れ替わりで
引退しました。

0000647

そして、今現在のメンバーが↑こちら。
2007年6月にヤフオクで落札してから、
現在まで大きなトラブル無く付き合ってくれた
通勤快速ホンダリード90(HF-05)。
そして、2011年から2年間オイラの足になったあと
娘に譲ったホンダタクトスタンドアップ。

Cimg1926s

さてさて、そんな愛車のリード君。
2スト華やかなりし頃のG2ゆえ
パワフルこのうえなく、走りは今でも
快調なのですが、生産終了からでも15年超となり
あちらこちらに不具合が散見される状況に。
今夏以降、ぼちぼち「次期主力戦闘機」をと
物色してまいりましたが、
ついに「良き出会い」に恵まれました。

ご紹介は明日の記事にて(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »