« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

ふみえみ家の夏休み@北海道2013・5日目

ささ、帰途につきましょう。

130826064442s

初めてどんより曇り空の朝です。

130826064538s

レンタカーの返却期限は午前9時半。
まだ、お土産をほとんど買っていないので
とっとと返却しちゃって、空港で買い物三昧を
するため7時前にチェックアウトしました。

130826082234s

新千歳空港手前でジェット燃料積んだ
タンクローリーに出会いました。

130826074406s

8時半に無事レンタカー返却。
トータル1060km順調に走ってくれた
スイフト君に感謝。

130826084242s

空港に向かうバスは貸切でした。

130826085132s

JTBのカウンターでチェックイン。

130826085438s 130826094544s

さあ、お土産お土産。

130826102404s

フライト予定時刻は11時です。

130826110448s

帰京の便も好天に恵まれ順調でした。

130826125238s

ただいま~
酷暑を覚悟していたのですが
関東地方も秋の空気が入って
北海道と大差ない陽気でした。

130826135824s 130826135832s 130826140104s

浜松町駅ナカのパラタン
ランチして16時前には帰宅しました。

130826161806s

リビングに広げたお土産の山(^^ゞ
満腹&リフレッシュの夏休み。
これにて一件落着(^.^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふみえみ家の夏休み@北海道2013・4日目

北海道での夏休み。丸1日が使えるのは
今日が最終日です。

130825082308s

おやおや、今日も良い天気に恵まれました。
ただし、天気予報は「不安定」とのことでしたので
比較的安定していそうな帯広を目指すことにしました。

130825083658s

道央自動車道に入る前に朝食購入。

130825083704s

北海道では相当幅をきかせているセイコーマート
というコンビニです。

130825083522s

コンビニのトレンド「いれたてコーヒー」も
ちゃんとありました。

130825090312s

北広島ICから道央自動車道、道東自動車道と辿ります。

130825095946s

札幌から約1時間半、占冠PAにて休憩。

130825100406s

PAのすぐ後ろの森の中には石勝線が走っています。

130825100546s

夕張にほど近いここで、本日最初のロックオン。

130825100854s

カットした夕張メロンにアイスをのせてくれます。

130825104216s

トマムリゾートを左に見つつ進みますが
段々天候がイマイチになってきました。

130825112714s

帯広ジャンクションを右に折れ
帯広川西道路に入りました。
ちなみに芽室帯広ICから先は無料区間です。

130825113550s

中札内ICを降りて、いかにも北海道という
景色の中向かった先は…

130825114236s

花畑牧場。

130825114256s

駐車場から牧場へ道路を横断しながら
撮影した1枚。どこまでも真っすぐの道。

130825114326s

まずは工場見学。

130825114344s

こちらでは生キャラメル作成中。

130825114358s

一時は品薄で大変でしたね。

130825114432s

熟成中のカマンベールと…

130825114448s

カチョカヴァロのチーズ群。
のちほどピザでいただきます。

130825120756s

さて、ランチにいたしましょう。

130825114906s

名物ホエー豚丼は約1時間待ちとのこと。

130825114640s

土産物など物色しながら時間つぶし。

130825122116s

整いました。丼をはみでる豚丼です。

130825122212s

お箸も豚さんが支えています。

130825122052s 

丼物はがつがつ食べるもの。

130825124114s

こちらは通常メニューには無い
自家製カチョカヴァロピッツア。

130825124312s

まるでお餅のようなチーズが濃厚で美味。
う~ん満腹です。

130825133536s

さてと、腹ごなしに向かった次の目的地は…

130825133712s

1970年代に大ブームを巻き起こした
旧国鉄広尾線の幸福駅

130825133734s

1日上り下りで12本だけだったんですね。

130825134044s

実は、訪ねてみて初めて知ったのですが
幸福駅は帯広市がプロポーザルを求めた
再生プロジェクトにて、この9月1日から
改築に着手するそうです。

130825134304s

往時の姿をそのまま見れる最後の機会に
ここを訪ねられたことは、まさに幸福でした。

130825134728s 130825134450s

130825134754s 130825135108s

今でも売ってる記念切符を買いましたので
出発駅も訪ねないといけません。

130825141634s

ということで愛国駅です。

130825141738s

こちらはすでに博物館然としたものに
整備されていました。

130825141818s

こういう「堅い切符」も
今ではすっかりノスタルジーですね。

130825142054s 130825142140s

こちらにはSLが保管されていました。

130825161622s

さてと帰途につきましょう。
道東自動車道はまたまた猛烈な雨になりました。
しかし、これだけ雨が降っているのに、つくづく幸運だと思うのは
車を降りて観光している間は一切、傘をさすことがありません。

130825161702s_2

道東自動車道の由仁PAで休憩して宿に戻りました。

130825190126s

最終日の夕餉もこちら。
初日と違って1時間ぐらい待たされましたが…

130825203714s

イカ焼き。

130825203930s

貝の刺身の盛り合わせ。

130825205526s

王道ジンギスカン。
本当にハズレの無い料理の数々、
ごちそうさまでした。

130825

さすがに今日は距離が伸びました。
総走行距離約450kmでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふみえみ家の夏休み@北海道2013・3日目

130824060116s

おやおや?週間予報をくつがえし
今日も好天の札幌です。

130824070426s

今日は末っ子のたっての願いにて
洞爺湖を目指します。

130824070856s

ナビをセットして、アパホテルの前の
国道230号線に入ると…

130824071842s

右折も左折も無く90km以上先の目的地まで
一本道…ナビいらないじゃん(^_^;)

130824080036s

とか言いつつたどり着いたのは中山峠。

130824080150s

本当は高校の修学旅行で食べた
揚げじゃがいもが食べたかったのですが
まだ開店時間前でした。

130824084120s

ということでたどり着いたここは…

130824084912s

郷の駅ホッときもべつ。
目の前には羊蹄山がそびえています。

130824083514s

そして、想定外ですが、ここで揚げじゃがいもに
ありつくことができました。
中山峠は3個ですが「3個が多いという人に」
というコピーで2個サイズでした。

130824084930s

このあと230号線はルスツリゾートを通過するのですが
それこそ滝のような雨に襲われ、一時は道路が
川のようになっていました。

130824093920s

きもべつから1時間弱で洞爺湖に到着。

130824095418s

さっきまでの大雨がウソのような好天です。

130824095510s

羊蹄山も遠くなりました。

130824095624s

遊覧船に乗って、島巡りしようかなんて
歩いていたら…

130824100158s

「料金二人分でいいよ」
「島まで送って30分くらい見学してもいいよ」
ってなご提案。

130824100210s

「くるしゅうない(*^_^*)」

130824100258s

ゴチになります。

130824100318s

12人乗りのモーターボート貸し切り(*^^)v

130824101348s

ということで中島上陸。

130824101742s 130824101934s

森林浴も楽しみました。

130824102732s

湖と中島の関係はこんな感じ。

130824102956s

16mという透明度がお分かりいただけるでしょうか。

130824103318s

さてと、帰途につきましょう。

130824103758s

途中でボートを止めて観光案内までしてくれました。
こちらは昭和新山。

130824103822s

こちらは有珠山です。

130824105352s

さてと、実はこちらが末っ子の本来の目的地。

130824105410s

洞爺湖のお土産屋さん越後屋。

130824105646s

オイラは良くわからんのですが
銀魂という漫画の聖地らしいです。

130824094704s

末っ子はここで木刀を3本も買いました。
もちろん飛行機にこんなもん持ち込めませんので
そのまま配達日指定の宅急便ヽ(^。^)

130824113746s

さてさて、続いては湖から眺めていた昭和新山。

130824113054s

ちょうど70年前に麦畑が盛り上がった火山です。

130824114048s_2

ここで、食い倒れの標的を発見。

130824114714s

実は北海道に来て初めて知ったのですが
こちらでは「ゆできび」が一般的なんですね。
んでもゆでたとうもろこしはいつでも食える。
やっと出会えた焼きもろこしでした。

130824123522s

続いての目的地は室蘭。
この立派な橋は白鳥大橋
有料道路として計画が進められましたが
宇宙人と呼ばれた元総理大臣の提案により
無料となったといういわくのある橋です。

130824124052s

好天の中目指したのは…

130824125406s

むろらん屋台村

130824130218s

B級グルメの室蘭焼き鳥をタレと塩で。
今日はノンアルビールです。

130824135352s

さてさて、腹ごなしに寄ったのは…

130824141048s

登別温泉。

130824141418s

地獄谷という源泉群を散策します。

130824142320s

覗き込んでいるのは…

130824141942s

鉄泉池という間欠泉。

130824142040s

見上げると朝の大雨がウソのような夏空です。

130824150120s

登別温泉街では、ちょうど夏祭り。

130824153146s

蒸しガキなど買い食いしながら
お土産屋さんを散策しました。

130824165532s

道央自動車道で札幌に戻ると
虹が出ていました。

130824174624s

さあ、とことん食べましょう。
本日の夕餉は…

130824174640s

根室花まる 南25条店

130824175140s

予約不可といいつつ凄まじい人気のようで
軽く1時間待ちでした。

130824185638s 130824185740s

130824190048s 130824190222s

130824190402s 130824190624s

130824190652s 130824190946s

130824191842s 130824192736s

130824193014s 130824193018s

美味い(^^)/美味い(^^)/美味い(^^)/

130824193318s

満足感に比して御代は控えめ。
コストパフォーマンス極めて高し。

130824

本日の走行距離、約280km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふみえみ家の夏休み@北海道2013・2日目

さてさて、北海道2日目。

130823072018s_2

フリープランですので、出発前に想定した
観光コースは5種類ぐらい。

旅行の5日前には、函館本線で貨物列車が
脱線するほどの大雨があり、北海道は
全般的に「お天気イマイチ」という週間予報
だったので、リアルタイムでお天気をチェックし、
臨機応変に行き先を決めることにしてました。

130823072048s

今日はテレビでの天気予報も、実際の天気も良さげ。
ということで、積丹岬を目指し、余市、札幌と
戻りながら観光するコースで決定。

130823083446s_2

札幌自動車道を走り、終点が小樽。
観光地になりすぎたこの街にはあまり興味無し。

130823091716s

国道229号を西に辿り、約2時間でセタカムイに到着。
ここには1996年に発生した豊浜トンネル岩盤崩落事故
犠牲者の慰霊碑があります。

130823091814s

事故の4年後に開通した新しいトンネルを抜けて
さらに西を目指します。

130823094040s

んで、到着したここは、水中展望船
ニューしゃこたん号乗り場

130823094840s

最初は「お客さんが集まり次第出港」という
実にユルイ予定だったのですが、中国からの団体バスが
到着したので「船が戻り次第出港」に変わりました。

130823100048s

ということでお帰りなさい。

130823100926s

今さらですが、今回の旅行はこの3人です。

Syakotangou

こんな感じで40分のコースです。

130823101308s

これは宝島

130823101428s

左に突き出ているのが黄金岬。
このあたりが海中展望スポットですよと
アナウンスがあります。

130823101508s_2

操舵室の中を抜けて船底にもぐります。

130823101604s

ごろごろとした岩の上に、ごろごろとウニ。
ウニは昆布を餌に生きているそうです。

130823101946s

この先は水深が深くなりますとのことで
甲板に戻りました。

130823102652s

神秘的なブルーの海です。

130823103458s

帰途につくとカモメの餌が配布されます。
カモメがごらんのとおり群がってきます。

130823094450s

本当は港で売ってた美味そうな海産物を
食べたかったのですが、中国の団体さんに
ジャックされてましたので諦めて移動再開。

130823111820s

30分少々で積丹岬の島武意海岸に到着です。

130823111950s_2

日本の渚100選に選ばれているそうです。

130823111958s

こちらが入口。

130823112002s

トンネルを抜けていきます。

130823112010s

中は電灯ひとつありません。

130823112108s

はい、トンネルを抜けました。

130823112122s

海岸までは相当な高低差があります。

130823112632s

だんだん岬の全景も見えてきました。

130823112702s

こちらが島武意海岸になります。

130823112844s

10分弱で海岸まで降り立ちました。
日本海の荒波を受けた豪快な景観が広がります。

130823113026s

透明度の高い海岸。海水浴をされている方もいました。

130823114204s

家人とオイラは休憩。

130823113722s 130823114824s

末っ子は随分遠くまで散策してました。

130823120656s

行きはよいよい、帰りは………
駐車場に戻ると、ちょうどランチタイム。
選択肢は無く鱗晃さんに直行。

130823121230s

末っ子のいくら丼。

130823121316s

家人とオイラの海鮮丼。
量は若干控え目ですが美味でした(^_^)/

130823124808s

さあ帰途につきましょう。
…とか言いつつ向かった先は…

130823125002s

先ほど、イカを食べそこねた美国港。

130823125312s 130823125406s

焼イカと焼タコ。

130823125712s

いや~ランチ後なのに、これも美味かった。

130823133726s

次に立ち寄ったのが道の駅スペースアップルよいち。
何故「スペース?」と思ったら、宇宙飛行士
毛利衛さんの出身地だったんですね。
プラネタリウムは時間割の関係で割愛しました。

130823135744s

続いて、道の駅に隣接するニッカウイスキーの
余市工場へ。

130823140210s

ちょうどガイド案内が始まるところだったので
便乗させていただきました。

130823140902s 130823140946s

現在も石炭でポットスチル(蒸留器)を焚くのは
非常に珍しいそうです。

130823141156s

こちらは創立当時の事務所。

130823141058s

ウイスキーが完成するまでの間、リンゴジュース
などで生計をたてていたので「大日本果汁株式会社」
だから「日果」で「ニッカ」なんですって。
皆さん知ってました?

130823141848s

さすがに日差しが直接当たると暑いくらいです。

130823141928s

こちらは創業者の竹鶴政孝とリタ夫人が暮らした家。

130823143914s

さてさて、試飲会場へ。

130823144308s 130823144632s

余市10年と鶴17年をいただきました。

130823144640s

もちろん、ここからは家人が運転手です。

130823151320s

こちらは博物館。
団体見学では駆け足だったので、じっくり二度見。
竹鶴夫妻の激動の人生など、非常に興味深いものでした。

130823152832s

ついでに有料試飲の15年モノの原酒をいただきました。

130823160410s 130823160010s

ご夫妻の家の玄関ホールにもお邪魔しました。

130823160746s

お天気雨が降る中、工場をあとにしました。

130823164604s

いきあたりばったり旅…続いては…

130823163530s

フゴッペ洞窟
実は到着の時点で閉館時間を5分ほど過ぎていたのですが
快く受け入れてくださいました。

130823164510s

こんなお茶目なポスターもありますが
ちゃんと整備された洞窟。
昭和25年に海水浴に来た中学生が見つけた
壁画が刻まれた洞窟です。

130823171252s 130823171302s

130823171322s 130823171334s

小樽の倉庫群は助手席での見学で十分。

130823174014s

ふたたび札幌自動車道に入線して…

130823174216s

札幌市街地を目指します。

130823181336s 130823181552s

道庁やテレビ塔も車中見学(^_^;)

130823182804s

すすきのにほど近いこちらの駐車場に
車を止めました。

130823183124s

市電とすれ違いながら目指したのは

130823183556s

高校の修学旅行以来30年ぶりに訪問する
ラーメン横丁。

130823183618s

個々の店は入れ替わっているのでしょうが
たたずまいはそのままです。

130823183652s

めざしたのは30年前にも訪ねたひぐま

130823185200s

末っ子のひぐま醤油ラーメン。

130823185554s

家人のコク味噌ラーメン。

130823185600s

オイラは30年前と同じ味噌バターコーンラーメン。

130823190654s

情報ではリニューアルしているとのことですが
王道の札幌ラーメン。
ごちそうさまでした。

130823203730s

本当に盛りだくさんの北海道2日目。
最後は藻岩山から夜景を楽しみました。
夜の山頂は寒いくらいでした。

130823

本日の総走行距離は約230kmでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふみえみ家の夏休み@北海道2013・1日目

さてさて、遅まきながらふみえみ家も夏休み突入です。
想定以上に早い梅雨明け以降、酷暑の続く関東地方。
涼しさを求めて(海外を含めて)選択肢は多数あったのですが
最終的には末っ子の強い希望により
「北海道で喰いだおれ(^_^;)」に決まりました。

JTBさんの旅物語から北海道のフリープラン。
航空会社&ホテル未選択、食事なしで4泊5日。
移動はすべてレンタカーという内容で申し込み。
正式に決定した旅程が届くと…
○航空会社=JAL
○ホテル=アパホテル&リゾート札幌
○1人4万円弱(レンタカー別)
という申し分ないものとなりました。

130822141104s

4泊5日とは言いつつ、往路ゆっくり
復路早めというのは致し方なし。
羽田は14:30発ですので、のんびり準備して
電車&モノレールで移動しました。

130822141558s

飛行機はボーイング777.

130822142432s

RECAROのシートはエコノミーでも
座り心地良し(*^_^*)

130822145532s

天気も良好。約1時間15分で新千歳空港到着。
フライトは極めて順調でした。

130822161902s

オイラと家人は通算3回目。
末っ子は初めての北海道上陸です。

130822162058s

手荷物を受け取って…

130822163904s

空港内のオリックスレンタカーのカウンターで
一次受付を済ませて番号札を受領。

130822165416s

バスで10分ほど移動して車を受け取ります。

130822173324s

あてがわれたのはスズキスイフトでした。

130822173806s

車の感触を確かめながら道央自動車道を北上。

130822173356s

「輪厚」と書いて「わっつ」と読みます。

130822173946s

「ダルなアクセルとガツンと効くブレーキ」
ってのが第一印象のスイフト君です。

130822182234s

約1時間20分でアパホテルに到着しました。

130822182330s

ロビーはこんな感じ。
大浴場にのんびり浸かって…

130822210154s

晩御飯は「魚活鮮とあぶり焼 海へ 川沿店
…といっても、ホテルの1階にある居酒屋さんです。

130822210212s_2 

メニューは盛りだくさんでして…

130822200206s

きたあかり(ジャガイモ)のサラダ、カニ味噌
イカの塩辛…地のモノを中心に大量に注文しましたが
全部美味しそうで、すぐに箸をつけちゃうので、写真無し(^_^;)

ちなみに、それなりのお値段にはなってしまいますが
宿泊者は5%割引になります。

ということで1日目終了です。

130822

本日の走行距離、約50km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不惑男のV-MAXな日々vol.30(ツーレポ@883R復活)

記念すべき「不惑男のV-MAXな日々」第30号は
『団長のハーレーが直ったぜ。いつ走るの?今でしょツーリング!』
というメデタイ企画になりました。

t.t.powerブラザーズの濃密なコネクションにより
7月21日のトランスポートから、たった2週間で
団長のハーレー・スポーツスター883Rが
復活いたしました。
(修理レポートはこちらから。)

直ったとなれば走るしかない。
酷暑が続く関東地方ではありますが
雨の心配は無いとの天気予報。
いつ走るの?「今でしょ」とお出かけいたしました。

今回のツーリング発案はt.t.powerさん。
房総方面の定番コースを紹介してくれるとのこと。
召集はt.t.powerブラザーズファクトリーに9時。

Resize0126

ファクトリーは千葉県内ではありますが
いよいよ本格的夏休みシーズンの週末ゆえ
国道16号線の混雑は不可避。
いつもなら1時間程度の距離ですが
若干余裕を持って7時30分、魔子ちゃん始動です。

Resize0131

案の定…というか想定以上の混雑で
集合時間ピタピタでt.t.powerファクトリーに到着。
最遠方の団長は6時に町田を出てきたそうです。

Resize0129

団長のハーレーをつまみにしばしご歓談。

Resize0128  Resize0130

フロントフォークは「ニコイチ」+「延長キット」
ウインカー、テールランプをカスタム。

Resize0216

タンクはt.t.powerさんのパテ盛り+ぼかし塗装で
ご覧のとおり、素晴しい仕上り。
擦過傷も目立たないレベルに磨きあげられて
とても約1ヶ月前に群馬の山の中でこけたとは
思えない復活ぶり。

Resize0132

もちろん、団長も自然に笑顔です。

Resize0133

さてと、t.t.powerブラザーズのトップ引きで
房総方面に走り出しましょう。

Resize0177

うぐいすラインを抜けたコンビニで小休止。

Resize0151

団長のTシャツもビッタビタ。

Resize0208

たっぷり水分補給します。

Resize0135

さらに南下して、ここは房総スカイライン有料道路。
今年2月から一時的に無料道路になっています。

Resize0136  Resize0137

それぞれのバイクをチェックして
ガツンとスカイラインを往復。

Resize0140

こまめな水分補給は欠かせません。
県道92号線のコンビニで小休止。

Resize0145

君津ICから館山自動車道に入って北上。
市原SAで昼食です。

Resize0147

t.t.powerブラザーズとオイラは
「暑いときこそ熱いもの」ということで
勝浦タンタン麺。

Resize0148

整いました~(*^^)v
辛いのは辛いけど、意外にさっぱり系でした。

Resize0149

大汗かいてるオイラ達を横目に
冷やし中華の団長は涼しい顔(^^ゞ

130810

食事後は給油して、t.t.powerブラザースは
京葉道路の穴川で離脱。
全体的に極めて適当ですが、概ね↑のような
ルートで約140km走ったと思います。
(t.t.powerさん、間違いあればご指摘をm(__)m)
その後、団長とオイラは葛西JCTまで一緒に走行しました。

では本日の参加車両のご紹介。

Resize0143

完全復活、団長のハーレーダビッドソン
XLH883Rスポーツスター。

Resize0142

t.t.powerさんのヤマハYZF-R1。
交換したスリップオンマフラーは爆音(^_^;)

Resize0144_2

t.t.powerお兄さんのホンダCBR929RR。
極上のイエローは前回参加のお友達が仕上げたそうです。

Resize0141

そしてオイラの魔子ちゃん2号。
さすがに今回はオーバーヒートぎみでした。

団長からは「無事到着、良い気分転換になりました」
とのメールを16:30にいただきました。

団長、それはなによりでした(^_^)/

ではTC駆凜ムービー(^.^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふみえみ家・でんき使用状況報告

電気製品の大更新を進めているふみえみ家ですが
8月請求分までの電気使用状況がまとまりましたので
状況報告と参りましょう。

Photo_2

上表は本年1月から8月までの電気使用量と請求金額に基づく
各種試算をまとめたものです。

○電気使用量、請求金額はでんき家計簿データそのまま。

○単価は↑を単純に割り算して算出したもの。

○前年同月比も読んで字のごとくではありますが
 電気使用料、請求金額はそれぞれ削減の一途ながら、
 削減率でみると差異が現れている。
 これはとりも直さず、単価の上昇が請求金額の
 削減を阻害していることにほかない。

○前年単価による試算は、「しょうがない」と思いつつも
 納得いかない単価の上昇について、前年同月の単価で
 算出してみた場合の請求金額と本年請求金額との差異。

○以上の結果、ふみえみ家の節電努力は電気使用量に
 おいては、前年比30~40%減の実績をあげながら
 請求金額においては1200円から2200円程度も
 相殺されてしまっている。
 これは、電力使用量ベースで50~80kWhに相当する。

○アベノミクスによる、大企業の経営状況好転は
 数多く報道されているところではあります。
 しかし、小規模の事業を営まれている方々は、
 本当に微小な 努力の積み重ねで
 『節電=ランニングコストの低減』を
 図られていることと思います。
 そんな努力をあざ笑うかのように、上から目線で
 事後承諾的に進められる電力単価の値上げ。
 
 もう、しぼりきった雑巾からは水は出ません。
 
 小規模事業者に、この負担増に耐える体力は
 「アベノミクス効果が届くまで」残っているでしょうか?
 そもそも、アベノミクス効果は届くのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »