« 不惑男のV-MAXな日々vol.21(ハンドル&グリップカスタム) | トップページ | 不惑男のV-MAXな日々vol.23(トリクル&JR8C装着) »

不惑男のV-MAXな日々vol.22(魔子ちゃん2号磨き)

さてさて、今回はモディファイではなく
「磨き」

魔子ちゃんに限らず、ヤマハ車は
アルミ腐食が多いですよね。
1号時代も一番目立つダミーエアダクトは
サンダーをあてて、庶民の磨き剤「ピカール」で
仕上げていました。

魔子ちゃん2号はダミーエアダクトは
比較的綺麗な状態でしたので
その他の部材に磨きを入れます。

Cimg5032s

ターゲットはフロント周り。

Cimg5036s

ウインカーステーと…

Cimg5031s

フロントエンブレム。

Cimg5033s

まずはクリア落としのため
ホルツ塗装はがし液。
プロユースで無い製品の中では
比較的「強力」との評判です。

Cimg5034s

皮膚に付着すると激痛らしいので
厚手のゴム手袋を装着します。

Cimg5037s

ジェル状の薬液を塗ると
あっという間にクリア塗装が
ウニョウニョ浮いてきますので
綺麗に水で洗い流します。

重度の腐食は荒目のサンダーで落とし
400~1000番の耐水ペーパーで
仕上げたあとに、ピカールで磨きます。

Cimg5039s

んで仕上がりが…

Cimg5035s

こんな感じ(*^_^)v

Cimg5040s

う~ん満足。

Cimg5054s

二―グリッププレートもついでに磨いて、
へたっていたモールを交換しました。

|

« 不惑男のV-MAXな日々vol.21(ハンドル&グリップカスタム) | トップページ | 不惑男のV-MAXな日々vol.23(トリクル&JR8C装着) »

不惑男のV-MAXな日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155739/56495337

この記事へのトラックバック一覧です: 不惑男のV-MAXな日々vol.22(魔子ちゃん2号磨き):

« 不惑男のV-MAXな日々vol.21(ハンドル&グリップカスタム) | トップページ | 不惑男のV-MAXな日々vol.23(トリクル&JR8C装着) »