« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

山行記録@荒船山

ぼうそうツーリングから帰宅後
群馬の隠れ家へ移動を強行。
2012年初登りであります。

Cimg3302s

どピーカンの浅間山。

Cimg3303s

四阿山と…

Cimg3304s

草津の山々には雪が残っています。

Cimg3306s_2

群馬ではおなじみの
セーブオンで朝食を買い込み
群馬の名峰「荒船山」を
目指します。

Cimg3307s 

内山峠への道程では
雉のつがいにも出会いました。

Cimg3309s

午前9時半、内山峠到着。
キャパシティ20台の駐車場は
すでにオーバーフロー。

Cimg3308s_2 

路肩の空地にオデッセイを
停めさせていただきました。

Cimg3310s

さて、登山開始です。

Cimg3312s

登りはじめは、なだらかですが
アップダウンが続きます。

Cimg3314s

気温は高めなので
尾根沿いの風の抜け道は
自然のクーラー。
気持ちいい~(*^_^*)

Cimg3316s  Cimg3317s

満車以上の駐車場で想像できますが
行き交う人はかなり多い感じ。

Cimg3319s  Cimg3318s

30分ほどで、全行程の3分の1まで
たどりつきました。

Cimg3322s  Cimg3323s

さらに10分ほどで鋏岩に到着。
その昔、不動尊が祀られ
お堂があったとのことですが
今は礎石が残るだけになっています。

Cimg3325s

続いては「一杯水」

Cimg3326s

暑さで飲み干したペットボトルに
美味しい天然水を補給です。

Cimg3330s

約1時間40分で山頂
艫岩展望台に到着しました。

Cimg3333s

クレヨンしんちゃんの作家が
亡くなった…というのも
納得せざるをえない絶壁です。

Cimg3337s  Cimg3335s

気圧差でパツンパツンになった
たぬきときつねにお湯を注ぎます。

Cimg3338s

このシチュエーションで飲む
食後のコーヒーの美味いこと
このうえなし。

Cimg3346s

下りながら見上げる荒船山は
やはり壮観です。

Cimg3351s

登り始めてから4時間20分。
無事に下山しました。

Cimg3357s

R254を下りはじめてから
再び見上げた荒船山。
つくづく壮観です。

Cimg3359s

荒船山を見上げた展望台は
未だ桜の開花前でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不惑男のV-MAXな日々vol.12(ツーレポ@房総暴走)

昨年12月10日に予定したツーリングが
オイラのスリップダウンで中止になった
ツーリングクラブ駆凜。

http://fumiemi.cocolog-nifty.com/fumiemi/2011/12/v-maxvol10-592e.html

最高顧問N氏もリーサルウエポン
「赤影」を手に入れたということで
メンバー全員の「土曜日休」が重なる
平成24年4月28日を目途に
大ツーリングの企画を進めて参りました。

Cimg3246s (05:35←おおよその時間、以下同様)

前日まで2日間雨(*_*)
暖気をする魔子ちゃんの後ろも
まだウエット状態の道路です。

Cimg3247s_2 (05:50)

ETCカード挿入の儀式を済ませ
野田を出発します。

Cimg3248s (06:50)

途中、霧雨でしっとりする場面も
ありましたが、ちょうど1時間で
東関道千葉北IC手前のローソン。
トイレ休憩して市原SAを目指します。

Cimg3251s (07:30)

いつもどおり宮野木JCTから
貝塚あたりまでは渋滞でしたが
軽くすりぬけて、お約束の30分前に
市原SAに到着しました。
T技能長と合流です。

Cimg3252s (08:03)

技能長と歓談しながら待つこと
30分少々。
お約束どおり(!?)3分遅刻で
漏り太君合流です。

Cimg3253s

走行距離たった「1km」の
ピッカピカの新車を借りてきた
漏り太君なのに何故か
表情が暗い。

Cimg3254ss   Cimg3255s

なんと、この新車に対し
こともあろうに「たちごけ」を
かましたとのこと。

Cimg3256s

「一応、保険には入ってきたんですけど
これっていくらぐらいかかりますかね~」
いや~相変わらず、楽しいネタには
ことかかない漏り太君です。

Cimg3258s

んま、漏り太君がどうなろうと
知ったこっちゃない。
何はともあれ、団長の待つ
君津PAに急ぎましょう。

Cimg3259s  Cimg3261s (08:40)

君津PAにてH団長、N顧問。
さらにチーム顔の重鎮
てき~ら師匠と日本磨化工業氏と合流。
「駆凜ぼうそうツーリング」の
7名のメンバーが全員集合です。

Cimg3262s (08:45)

ここでH団長から一言。
「みんな俺についてこい!!」
一路、館山自動車道を南下します。

Cimg3266s (09:50)

…ということでたどり着いた…こちらは…

Cimg3265s

ツーリングクラブ駆凜
エグゼクティブ相談役F様の別荘。

Cimg3263s

遠慮なくあがりこみコーヒーを
いただきました。

Cimg3267s  Cimg3268s (10:50)

1時間ほど歓談。
F様&綺麗な奥様、ごちそうさまでした。
別荘の裏山を越えると平砂浦。
R410~R128と太平洋沿いをたどります。

Cimg3269s  Cimg3270s (11:40)

適時、休憩を交えながら走行。
日差しは強いけど、心地良い気温です。

R128は渋滞も無く、極めて順調。

Cimg3279s (12:10)

ちょうどお昼にランチの目的地
カネシチ水産に到着しました。

http://kaneshichi.info/

ではメニュー紹介。

Cimg3273s

漏り太君の「おらが丼」
刺身盛りつき。

Cimg3276s

技能長&顧問の巨大な
エビフライ定食。

Cimg3277s

日本磨化工業氏の
焼き魚定食。

Cimg3278s

オイラのうにイクラ定食。
めっちゃ美味でしたが
ご飯をおかわりしても
足りないくらいの魚介の量。
この定食のほかにご飯だけ頼んで
二人で食べるとちょうど良いかも。
(団長と師匠の写真撮り忘れましたm(__)m)

Cimg3280s_2 (13:00)

美味しそうなお土産も
いっぱいあったのだけど
発泡スチロールの大箱しか
輸送方法がなく断念。
大満腹で出発。

Cimg3282s_2 (14:00)

御宿のENEOSで全員給油。
順調な走行を証明するように
魔子ちゃんの燃費16km/リットル
オーバー(^^)/

Cimg3284s  Cimg3285s (15:00)

九十九里波乗り道路に入り
一宮PAにて休憩。

Cimg3287s  Cimg3288s

ここで漏り太君が意を決して
レンタルバイク屋に電話。
「タチゴケしちゃいました。」
さあ、漏り太君を待つ運命は
土下座か?買い取りか?

Cimg3296s (16:00)

ということで、本日の最終目的地
千葉東金道路の野呂PA。
スタートの市原SAからだと
全長約200kmなので、
走行している時間だけでも
5時間ぐらいかなと想定してました。
結果は、F様別荘、ランチ、適時休憩
全て込みで7時間。
順調なツーリングでございました。

では参加車両のおさらい。

Cimg3291s

H団長のエリミネータ250SE。
フロントフォーク要OH(^_^;)

Cimg3293s

N最高顧問のシャドウ400。
通称「赤影」

Cimg3297s

T技能長のドラッグスター250。
いつでもピカピカ。

Cimg3290s

チーム顔総帥てき~ら師匠の
GPZ900R。通称「忍子ちゃん」

Cimg3295s

チーム顔参謀日本磨化工業氏の
GPZ900R。もうすぐ10万km!

Cimg3294s

漏り太君が借りたNINJA400。
タチゴケ歴「あり」

Cimg3292s

んで、オイラの魔子ちゃん。

返却を急ぐ漏り太君を見送って
流れ解散。

Cimg3301s (17:45)

帰途も極めて順調。
明るいうちに帰宅できました。

0000115

ツーリングクラブ駆凜の面々。
そして友情参戦のチーム顔の
重鎮の皆様。
本当にお疲れ様でした。
またの機会もよろしくお願い
いたしますm(__)m

いつもどおり、超速攻のてき~ら師匠の
アルバムはこちら↓

https://picasaweb.google.com/118433454840695739623/CPLuUC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不惑男のリードなメンテナンス

Cimg3236s

2007年にヤフオクで落とした
2代目ホンダリード90(HF05型)。

Cimg3237s

先日来、スターターのキックが渋くなり
とうとうエンジン始動不可となりました。
幸い、セルでの始動性は良いので
バッテリーをフル充電して応急処置しましたが
普通はキックが始動の最終手段。
WEB上をいろいろ調べてみると
リードに限らずスクーターのキックペダルは
ドライブプーリーとハウジングを
共有している関係で、駆動ベルトのカスが
悪さをすることがあるらしい。

Cimg3242s_2 

キック始動の原理は、キックペダルの
スピンドルに付いた半円形のギアが
↑写真のヘリカルギアを回して浮き上げる。

Cimg3243ss

んで、ヘリカルギアの頭についた
↑のカップリングギアが…

Cimg3241ss

ドライブプーリー側のカップリングギアと
噛み合いクランキングするというもの。
このヘリカルギアにゴムカスが詰まると
キックペダルがめちゃくちゃ渋くなるとのこと。

Cimg3238s

ということで駆動系開放です。
リードはボディパーツのカバーが深い上
各種チューブ類のサポートも多く
毎度のことですが結構めんどうな作業です。

Cimg3239s

オープン…うげげ(;一_一)

Cimg3240s

金属の地肌が見えないくらいゴムカスが
堆積しています。
逆によくこれで始動できてたな…オイ(+_+)

Cimg3243s_2

本当はパーツクリーナーでじゃぶじゃぶ
したかったのに在庫切れ。
ブラシとウエスでしこしこ落としてから
CRCで磨きをかけました。
ただし油まみれにしちゃうと、プーリーの
空回りを誘発し、最悪走行不能に
なったりするらしいので必要最小限で。

Cimg3241s

もちろん開放ついでですからベルトも
チェックしましたが、プーリーを含め
偏摩耗等の異常はありませんでした。

元通り組み上げて作業完了。
いままでの重さが嘘みたいに
軽いキックで始動可能になりました(^.^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »