« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

不惑男のV-MAXな日々vol.9(ツーレポ@いろは坂)

今年の秋は、週末というと「雨」(-_-)
先週も好天だったら、団長&技能長と
走りに行くはずだったのですが×

Cimg2782s

ようやく降水確率「0%」の土曜日に
なりましたが、今日は団長出勤(*_*)
んじゃ、オイラだけでも楽しませて
いただきましょうかね(^_^;)

Cimg2783s (09:30←おおよその時間、以下同様)

日帰りのプチツーリングですので
ちゃんとお日様が出てからの出発です。
それでも国道の気温表示は9度でした。
行き先は…

Cimg2784s (11:30)

出発から2時間。正面に見えるのは日光杉並木。
そう、紅葉のハイシーズンが収束した日光です。
金精峠まで上っちゃうと積雪ありですが
いろは坂までなら、まだ大丈夫。
混雑のデッドポイントを狙って参りました。

それではジェットコースタームービーを
ご覧くださいm(__)m

Cimg2789s  Cimg2794s

山の裾野がちょうど紅葉の盛り
って感じで…

Cimg2791s_2

神橋の周りは、それなりの人手が
ありました。

Cimg2792s (13:00)

金谷ホテルベーカリーのパンを
お土産にしました。

http://www.kanayahotelbakery.co.jp/

全て一般道で168.8マイル。
約270kmを6時間少々。
16時前には無事帰宅しました。
4号バイパスが順調だったので
燃費は16.28km/リットルと
超ハイレベルでした(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MINI FOLK GUITAR FG-Junior@YAMAHA

やべ~11本目だ~(^_^;)

Cimg2761s

一応「Junior」って付いてますから
お子様向けの製品かなって思いますが、
ヤマハヴィンテージの名器「赤ラベル」の
デザインコンセプトをミニサイズで
見事に再現しています。

YAMAHA好きですからね、
その存在は知ってましたよ。
チャンスがあれば…なんて思ってましたが
中古市場でも比較的人気があり
10K円を下回ることはほとんどない。
定価を考えると、食指が動くほどの
出品はありませんでした。

ところが、ちょいと足を伸ばして
散歩にでかけた、柏市豊四季のHARDOFF。
初めて訪れて驚いたのがギターの品揃え。
この手のリサイクルショップに並ぶギターって
通販物か無名の廉価モデルが多いんですけど
オベイション、テイラーはおろか
なんとラリビーのカスタムモデルまで
置いてあった。(とても手が出ない価格だけど)

その片隅にポツンとJR-1。
税込み価格「5,250円!」
あはは、散歩の途中で衝動買い(^_^;)
お持ち帰り。

Cimg2765s

んま、この価格ですから
あちらこちらのキズは折込済み。
んでも音に影響するような致命的な
不具合はまったく無し。
ギターの基本を知らない人が使ってたのか
6~4弦のペグの巻きが逆だったのは
ご愛嬌でしょうか。

パーラーサイズとは言え14フレットジョイント
なので、弦を張り直してレギュラーチューニング。
おお、もう1本持ってるパーラーのAPX-T1に
比べると、さすがに胴厚があるので
十分以上のボリュームがありますね~。
スケールが短いせいか、6弦は「鳴らね~」
って感じですけど、5弦以下は十分
「聴くに耐える」音で鳴ってくれます。

「ついつい手にとっちゃう」
そんなギターが仲間入りです。

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/guitars-basses/miniguitars/jr1/

<2016.08.追記>

カンサスW-200が廃棄されましたので
ふみえみのギターは10本になりましたm(__)m

http://www.geocities.jp/fumiemi1965/w200/newpage3.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土鍋麻婆豆腐@家家厨房

錦糸町はオイラの勤める会社の
本社がございます。

この町も食べ処には本当に困らない
…っていうか、外食ばかりしてたら
メタボ街道まっしぐら、って感じに
なっちゃうのですが
そんな中でも、時々どうしても
食べたくなっちゃうのがこちら。

Sn3l0022s

家家厨房の名物「Bランチ」

ご覧のとおり、土鍋で供される
麻婆豆腐です

辛いもの好きが十分に
満足できる「どっ辛」
さらに、辛さを際立たせる熱さが
土鍋のおかげで食べ終わるまで
継続する。
身体中から「肉汁あふれ出す」
逸品です。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13027549/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟利き酒セット@こんごう庵

御徒町で本格的なへぎ蕎麦を
食べさせてくれるこんごう庵さん。

Sn3l0020s

ご覧の名酒をいっぺんに呑める
セットがあります。

Sn3l0019s

不味いわけが無い(^_^;)

あくまで好みの問題ですが
麒麟山がフルーティで
呑みやすかったです。

呑みが先行しちゃって
写真撮ってないんですけど
「鶏のてんぷら」お勧めです。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13025181/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

香港料理 竹園@末広町

お仕事、プライベート問わず
訪れる機会の多い秋葉原近傍。
食べ処には困ることはないのですが
比較的リピート率の高いお店。

Sn3l0010s

↑は定番らんち
ラーメン&半チャーハン
750円なり。

「香港料理」を謳うぐらいですので
「こんなところで?」って思うくらい
本格的な中華です。

ストレート細めんにさっぱりスープの
ラーメンに「パラリ」と仕上げた
高菜入りの半チャーハン。
デザートで杏仁豆腐やフルーツゼリーが
つきます。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13114492/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン&レバ炒め@秀華

Sa3a0007s

こちらは有楽町線豊洲駅近傍にある
秀華です。
ごらんのとおり、下町に普通にある
ラーメン屋さん。

魅力は何といってもボリューム。
大食漢だった30代前半のオイラを
十分に満足させてくれるランチ。

Sa3a0008s

↑はラーメン&レバ炒めランチ。
これで780円。
見た目通り、極めて普通。
んでも、安心して「普通」が
食べられる店っていうのも
貴重な存在です。

ラーメンは鶏ガラベースに
いりこを感じさせるさっぱり系。
このさっぱりスープが箸を進めて
くれる一因です。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1313/A131307/13037962/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺恋ラーメン@麺恋亭

Sa3a0010s

中華街近傍にて研修があったときに
ランチしたラーメン。

場所柄から想像しちゃうような
「本格中華」とは似ても似つかない(^_^;)
ご覧のとおり、ガテン系大歓迎!
ってな感じのボリューミーなラーメン。
この豪華なトッピングなのに
750円というコストパフォーマンスの
高さも魅力です。

ちょいと調べてみると耳慣れない
大分ラーメンなるジャンルに分類
されるらしい。
とんこつベースのスープをはじめ
特別なカラーはあまり感じませんでしたが
普通に美味しくて満腹感たっぷりの
ラーメンでしたm(__)m

http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14008805/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいちゅうもりみに@浅野屋

携帯のマイクロSD整理してたら
撮りっぱなしの写真がゾロゾロ(^_^;)
在庫一掃セールと参りましょう。

Sn3l0003s

これは、一般の皆さんにはちょっとレアな
ネタかもしれませんが、オイラはすでに
20年以上のお付き合い。
東京都大田市場にある浅野屋さんです。

市場の中のお店ですので朝食~ランチが
営業時間です。
お昼時なんかは結構混雑しますので
100%相席がルール。
もっとも、大半はおなじみさんなので
座る前におねえさん方にメニューを
伝えます。

んで「だいちゅうもりみに」って言うと
出てくるのがこちら↓

Sn3l0002s

中華もりそばの大盛り&ミニカレー。
略して「だいちゅうもりみに」です。

中華もりは読んで字の如く
中華麺のもりそば。
のど越しなめらかなストレート麺を
和風だしのつゆでいただきます。
ミニカレーもいかにも「おそばやさん」で
供される、ごく普通のカレー。

本当に特筆すべきものは何もないのに
時々無性に食べたくなる組み合わせ。

そうそう、以前はフリーで入場できましたが
今は自動車の場合には入場手続きが
必要になります。
ちなみにオイラはスクーターで通ってます(^-^)

http://r.tabelog.com/tokyo/A1315/A131502/13099500/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カシぶた@ボンベイ!!

カレー大好きのオイラが大変お世話になった
柏の名店ボンベイが閉店していたことは
上野デリーのカシミールを紹介したブログにて
4年近く前に記事にしておりました↓

http://fumiemi.cocolog-nifty.com/fumiemi/2008/01/post_132c.html

復活を望む声の熱さは「柏 ボンベイ」の
検索ワードを使えば、山ほどヒットしました。

そんな声が天に届いたのでしょうか。
亡くなったボンベイの鈴木店長の奥様
馨子さんのご指導の元
若きカフェのマスターがボンベイのカレーを
復活させてくれたのです。

昨年10月の復活時点では、カフェ併設でしたが
今年5月、ついに独立店舗にて営業開始。

行かねば行かねばと思いつつ
ずるずると長引いてしまいましたが
ようやく念願がかないました。

Sn3l0026s

訪問したのは11月3日、文化の日。
半日の休日出勤の帰り道でした。
13時を少し回ったぐらいでしたが
4~5人の待ち人あり。
この雰囲気がもうボンベイなんですよね。
コロラドの裏路地を覗きこむと
いつでも、そんな人数の待ち人がいました。
んでも当時から変わらないのは、回転が早いから
「時間つぶし」なんて考える必要はナシ。
店内から漂ってくるカレーの香りに
身をまかせていれば、すぐに順番は
回ってきます。

Sn3l0023s

きた~(^^)/ カシぶた大盛りです~
デリーも美味しいことに間違いはないのですが
お肉は基本的にチキンのみ。
ボンベイでは、それぞれのカレーで
お肉の種類が選べるという魅力があり
オイラの定番は「豚肉カシミール」
そう「カシぶた」だったのです。

Sn3l0024s

入りました~(T_T)
美味い(T_T)
美味すぎる(T_T)

これだよ~これなんだよ~
30年来の旧友との再会
「ぜんぜん変わってないじゃ~ん」
って感じ(*^_^*)

Sn3l0025s

そして仕上げにデミタスコーヒー。

断言しちゃう。カシミールのあとの
このコーヒー以上のコーヒーは
この世に存在しません(オイオイ(^_^;))

肉汁たっぷり染み出させて会計に向かいますと
馨子さんから「前のボンベイに良く来てたよね」
なんて声をかけていただきました。
いや~せいぜい1ヵ月に1回ぐらいの訪問だった
はずなのに、こんな顔を覚えていてくれるなんて
感動しました。
思わず「今度はパカライス(注1)にソース大盛りで
いただきます<(_ _)>」って言ったら
「メタボになっちゃうから大盛りがいいよ(^-^)」
なんてかわされてしまいました。

いえいえ、何と言おうと「パカ」で参ります。

http://curryhouse-bombay.com/home.html

住所:柏市柏3-6-16染谷ビル1F
電話:04-7164-5488
営業時間:11時30~22時
定休日:月曜日

(注1)パカライスとは「並盛り」ライス2枚を
   「パカっ」っと1枚に合わせたダブルサイズの
   ライスのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »