« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

なぜか上海@2011夏休み⑤

110824064514s  110824065354s

「なぜか上海」最後の朝は雨です。
フライト時刻が10:15と早いため
05:45にモーニングコール、06:20チェックアウト
という過密スケジュールです。

110824073108s

チェックアウトを済ませてから朝食。
モーニングビュッフェが間に合わない場合は
お弁当…なんて事態も想定されていたのですが
何とか準備が整い、滑り込みセーフでいただきました。

110824085944s (08:00)

予定通り、07:00ホテルを出発
通勤渋滞が始まる前に上海市街地を通過し
ほぼ予定通りの1時間にて浦東空港に
到着いたしました。

110824090122s  110824090316s

荷物を降ろして、ANAのチェックイン。

110824090350s  110824092610s

ガイドさんとはここでお別れです。

110824100220s  110824105932s 

内容の濃い4泊5日の「なぜか上海」
みんな、体調を崩すこともなく帰途につきます。
帰りのANAはボーイング777です。

110824120830s  110824121238s

帰りの機内食は「シャケ弁当」
ご飯は現地の水で炊かれたもののようで
ホテルの蛇口から出る水の匂いが
ほのかに香りました(^_^;)

110824134846s  110824135014s

フライトは順調。
子どもたちは、留学先のサンフランシスコに
向う中国人の学生さんと仲良くなってました。
ゲームデザインを専攻しているとかで
末っ子のPSPに興味津津でした。

110824142524s_2  110824142744s_2 (14:20←日本時間)

無事に帰国しました~(^^)/

さてと…旅の総括とまいりましょうか。

夏休みの計画でも練ろうか…なんて思っていた矢先
新聞広告で出会った「旅物語」。
上海・江南5都市周遊スペシャル5日間
旅行中の食事が全て込み、燃油サーチャージが
入っても4万5千円程度という格安ツアーでした。
一応Aグレードのホテルだけど「ツインのみ」
…ということで、当初の予定の3人旅に
長女を加えたため、急いでパスポートも手配。
んま、何から何まですべて込みこみのツアーだから
着替えとお土産代だけ持っていけば何とかなるよね
…ってな気持ちで参加しました。

率直な感想は「内容から言えば安かったな~」。
国内旅行じゃ、ちょっとグレードの高い宿を
選んじゃうと、交通費も出ないような価格で、
移動もオプション以外の入場料もすべて込み。
基本的に現地のガイドさんの旗にくっついて
歩いていれば問題なし。
世界遺産や要所の観光スポットは網羅されてるし、
シルクや寝具、お茶等々のタイアップショッピングは
これだけの格安ならば我慢できる範囲でしょう。
かえって内容が詰め込まれ過ぎで、3個持っていった
カメラのバッテリーが「追いつかないんじゃないか」
っていうくらいシャッターチャンスがありました。

唯一にして、最大の残念ポイントは
やっぱり食事ですかね~。
パンフレットや旅程表には「無錫料理」「蘇州料理」
「四川料理」「上海料理」「小籠包食べ放題」…
ってな記述でしたので、それなりの変化を期待して
いたのですが、チャーハン、麻婆豆腐、焼きそばかラーメン、
青梗菜かキャベツの炒め物、かき玉スープ…
なんてメニューはどこに行っても出てくる。
そこに若干、毛色の違うお惣菜が数点入るという感じ。
料理に地名を入れて、下手な期待をもたせるよりは
「中国大皿料理」なんて記述にしといたほうが
良いのではないかしら。
もちろん、なかなか美味な料理もありましたし
当たり前だけど、だれもお腹を壊すことなく
旅程を全うすることができたことも付け加えておきます。

最後に、末っ子の社会勉強の成果を確認。
圧倒的多数のメイドインチャイナのこと、
乳製品や穀物の価格が中国の動向次第で
左右されていることなどを説明した上で
「良くも悪くも、世界の需要と供給を動かしてる
張本人は、この国なんだよ。どう思う?」
との問いかけに一言「…やだな~…」
頑固で曲がったことの嫌いな奴ですので
無秩序な交通状況、しつこいフェイク品の売り子、
遊覧船から湖水にごみをポイ捨てする子供、
トイレの順番待ちを無視して入り込む輩…
目の当たりにした彼の国の事実に対する
素直な感想かもしれません。

いずれにいたしましても、猛烈なスピードで
変化を続ける中国。
次におとずれる機会には、また全く違う一面を
見せてくれることでしょう。
その国を支える人々が、先進的な見た目にふさわしい
成長を遂げられることを期待して
「なぜか上海」これにて一件落着でございます<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜか上海@2011夏休み④

110823064628s  110823071452s (06:15)

上海で迎える初めての朝です。
グオマンホテルとショッピングセンターの
位置関係がわかるでしょうか。

110823071516s  110823071752s

ホテルの目の前にある長風公園を
散歩しました。

110823072128s  110823072220s_2

中国の朝といえば太極拳ですよね~

110823073022s  110823073040s

ショッピングセンターにはピザハットと
ケンタッキーも入ってます。
ちなみにケンタは6時からのモーニング
サービス中でしたが、誰もお客さんは
いませんでした。

110823074140s

グオマンホテルのモーニングビュッフェ。
はっきり言って、旅程に組み込まれた
昼食、夕食に比べればずっと安心して
満足できる食事です。

110823093758s  110823093822s

110823093848s  110823094214s

上海市内を移動します。
近未来的な大都会です。

110823094736s_2  110823095554s (09:00)

路地裏の茶芸店に案内されます。
試飲させてもらったお茶はどれも
間違いなく美味しかったです。
んでも、日本の中華街以上の価格という
ほどのパフォーマンスは感じませんでした。

110823104558s  110823113256s (09:45)

110823110204s  110823111300s

続きまして上海博物館。
中国四千年の歴史が垣間見えます。
紀元前数千年というお宝が目白押し。
老眼には厳しい超微細加工の彫刻などは
ルーペがちゃんと併設されてました(^_^;)

110823135116s  110823140816s (12:50)

今日のお昼は「小籠包食べ放題と点心料理」
…ということで期待した私が馬鹿でした。
とりあえず、炒め物とチャーハン。
ほぼ、胃袋が満たされたころに小籠包。
しかも、がちがちの皮に肉汁の痕跡も無い一品。
はっきり言って日本の冷凍食品の方が美味い。
1個食べるのが苦痛なのに、食べ放題とは
これいかに(;一_一)
ちなみに、食事はこれで終わりですよ
…のお知らせは↑のプチトマトです。

110823150252s  110823150740s

110823151956s  110823153208s (14:00)

続いては七宝市内観光。
日本で言うと、浅草みたいな感じかな。
女性陣はそれなりに有意義なお買い物を
楽しんだようです。

110823165804s

さて、上海市内に戻ります。
日本の首都高速のような道が
縦横に走っていますが
ご覧のような渋滞です。

中国で車両を運転するのに必要なものは
1に「クラクション」
2に「躊躇無く割り込む勇気」
3に「ガソリン」
って順番ですね。
上海では、まだ信号を守ってるようでしたが
蘇州なんて、信号はあってないようなもの。
わざわざ万国旗みたいなロープを持った人が
交差点に立って、赤信号になると
電動スクーターを止めてます。
逆に言うと、そこまでしないと信号を守らない。
もちろん事故だって起こるべくして起こる。
実質3日の旅程で、少なくとも2回は
血まみれの事故現場を目の当たりにしました。

110823171208s  110823171400s

110823172110s  110823172132s (16:15)

東方明珠塔をはじめとする浦東を望む
外灘(ワイタン)地区です。
諸外国の疎開地だった古い建築物が
並んでいます。
今夜のメインイベント「ナイトクルーズ」では
ライトアップされて、主役になるビル群です。

110823175616s (17:00)

続いては、田子坊です。

110823175628s  110823181726s

古い町並みを残して、モダンなショップや
アートギャラリーが展開しています。
映画のワンシーンに使えそうな
入り組んだ路地は楽しいひと時でしたが
ゆっくり散策するにはちょっと時間が
短かったのが残念でした。

110823185806s  110823185807s (18:00)

本日の夕食…

110823191812s

一応「上海料理」と謳ってますが、
またこんな感じ…コメントのしようがない…

110823201320s  110823201622s (19:15)

さあ、気をとりなおしてナイトクルーズです。

110823202316s  110823202824s

110823203408s  110823202908s

110823203658s  110823210008s

110823204250s  110823205430s

約40分間のクルージング。
230元(約3200円)の価値は
十分にあると思いました(*^_^*)

110823231428s  110823234450s

さて、晩酌して、歯を磨いて寝ましょう。

「なぜか上海」最後の夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜか上海@2011夏休み③

110822074904s

上海3日目の朝でし。
昨日に引き続きモーニングビュッフェ。
おかゆと肉まんがGOODでした。

110822085630s (08:00)

豪雨のスタートです。

110822092232s

30分ほどで本日1番目の目的地
寒山寺に到着です。
到着と同時にバスに群がる人々
「かさ10元、かさ10元」と叫びます。
当方は全員分の折りたたみ傘を
用意していましたが、お世話になった
人たちもいたようです。

110822092258s  110822092346s

中国の高貴な色「黄色」で塗られた
建物群を横目に進みます。

110822093308s

今から1500年も前に建立されたという古刹。

110822093526s_2  110822093838s 

んま、日本人には違和感の無いお寺です。

110822094304s

伊藤博文公の寄贈した鐘がありました。

110822094802s

1回つくと、10年若返るという鐘楼。
ただし、有料(5元)…

110822095028s  110822095104s

こちらの五重塔も見た目は立派ですが
人が上ると傾く可能性がある…とのことで
2階までしか上れません(^_^;)

110822100250s  110822100308s  110822100322s

左から空海さん、三蔵法師さん、鑑真さん

110822104228s

続いて山塘街散策へ

110822104334s  110822104756s (10:00)

古い町並みが残っているとのことでしたが
昨日の平江と、あんまり変わらない感じ。

110822111318s

蘇州市内で見かけた看板。
ケンタッキーとすき家は判りますね。

110822112748s

こちらも移動中、超巨大な建設中の
新幹線「蘇州駅」が見えました。
「例の新幹線」が蘇州まで延伸すると
車で2時間ほどかかる上海~蘇州間が
30分ほどでつながるそうです。

110822113930s

本日の昼食会場のシルク屋さんです。
布団やら絹製品やらを売ってます。

110822123308s  110822123718s

女性陣のショッピングの間、
男性陣は水分補給。
ちなみにビールが15元(約200円)
コーラが5元(約70円)

110822125310s

ということで昼食。
一応「おこげ料理」とのことでしたが
昨日の料理との差が…わかんない。

110822143130s  

さて…続きましては同里です。
豪雨にさらされつつ、電動カートで移動です。

110822143558s  110822143956s

110822143750s  110822143852s

110822143904s  110822143946s

世界遺産「退思園」に向かいます。

110822144344s  110822144754s

110822145244s  110822145730s

風情…といえばそれまでですが
何しろすさまじい雨でした(-_-)

110822151752s  110822151104s

退思園鑑賞後、ちょびっと自由時間があり
昨日の刺繍研究所のものより良さげな
お土産をゲット。
例の指差し通訳で、ちゃんと値切りました(*^^)v

これにて蘇州を離れ上海に戻ります。

110822170214s  110822171444s (16:00)

1時間半ほどかけて、いよいよ上海です。

110822171452s

バスを降りると同時に、偽ブランド売りが
うるさいくらいたかってきます。
LVが6個で千円のわけね~だろ(;一_一)

110822175904s

激安ツアーのタイアップと思われる
ラテックス寝具店です。
退屈でも、セールストークは
聞かなければなりません。
その後のフリータイムは
いっぱい並んでるベッドで昼寝を
するのは自由です。

110822181726s  110822183906s

本日の夕飯。四川料理…だそうです。
チャーハン、麻婆豆腐、青梗菜の炒め物…
出てくる料理の差が…わかんない。

110822204304s  110822210622s (19:40)

上海のお宿「上海国豊酒店(グオマンホテル上海)」

110823070426s  110822210642s

110822210656s  110822210718s

蘇州のホテルに比べると
ぐっと新しさを感じます。
ただし、造りは徹底していない…
部屋の元電源は「カードキー挿入でON」
っていうのは、日本でも一般的な方法ですが
カードの接触が悪くて、ちょっとでも傾くと
電源が落ちちゃう。
しょうがないから、メモ用紙をたたんで
つっこんで固定してました。

110823215706s  110822213626s

ちなみに、ホテルの目の前に
大規模なショッピングセンターがあって
ここのファミマでビールとつまみを購入。

110822225102s

青島ビールで1本5元ぐらい。
スーパードライでも1本6元(約80円)
や~す~い~(*^_^*)

以上「なぜか上海」3日目でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜか上海@2011夏休み②

110821064918s

雅都大酒店12階からの眺めです。
蘇州の町は、大都会というよりは
平均的な近郊都市…って感じでしょうか。

110821074920s_2  110821074922s

こちら側には、マンション郡が見えます。
屋上に小屋らしきものと人の姿。
柵も見当たりませんが、ここがお住まい
なのでしょうか?

110821081200s  110821082112s

モーニングビュッフェです。
和洋中とりまぜた何でもありのメニューですが
可もなく不可もなく。

110821093322s

雅都大酒店(別名:蘇州アスターホテル)の全貌。
29階建てです。

110821093102s 110821093506s_2 (08:30)

現地時間の8時半、無錫へ向けて出発です。
今日は日曜日、電動スクーターの群れが
どこかへ向っています。

110821102232s  

一昔前、中国の庶民の足は「自転車」という
イメージを持たれている方が多いと思いますが
今は、無数の電動スクーターに変わっています。
外装は一見、日本のホ○ダやス○キですが
よ~く見ると、マフラーが無い。
これにノーヘルで、二人乗りは当たり前。
家族4人で移動するスクーターも普通。
ただし、音も無くかなりのスピードが出るので
歩行中は前後左右に注意が必要。
もっとも、車道、歩道かまわず走行し
邪魔だと思えばクラクション鳴らしまくりですから
その存在に気がつかないということも
少ないと思います。

110821100412s  110821102214s

高速道路と一般道を乗りついで約1時間。
無錫の町につきました。
無錫…というと、我々にはすでに懐メロの
「無錫旅情(by尾形大作)」ですが
かの尾形氏は、日本中に「無錫」を広めた
功績を讃えられ、今でも尊敬を集める
名誉市民なんだそうです。

110821102432s  110821102248s_3

無錫の町に入ると、都会らしさはかけらも
ありません。
決して「綺麗」とか「洗練」という言葉は
似合いませんが、これも中国の「本当」の
姿の一部なのでしょう。

110821103944s  110821103700s_2

さて、本日の1番目の目的地に到着しました。
三国志のテーマパーク「三国城」です。

110821104012s  110821104156s

ガイドさんにくっついて入場します。
ここで、トラブル発生。
ガイドさんが申告した人数と入場者の数が
違っていると、入口の係員のおねいちゃんが
眉間にしわ寄せて凄まじい剣幕。
これは、あらゆるところで感じたことですが
彼の国の方々は「順番」とか「並ぶ」という
感覚がありません。
隙間があれば、そこに入り込んできます。
どうやら、我々にまぎれて「もぐりこんじゃった」
輩がいたようです。

110821104812s  110821104830s

三国城は、中国で放映されている
三国志のドラマのロケ地だそうです。
末っ子は旅行前に「レッドクリフ」で
予習済みですので、あちらこちらで
それらしき景色を確認していました。

110821105610s  110821105724s

続いては太湖の遊覧船に乗ります。
ご覧のとおり、水は緑色です(-_-)

110821105818s  110821110130s

三国志ムードたっぷりの船着場。
船に関わる男たちは、タバコを吸う時どうしても
このスタイルをとってしまうものなのでしょうか?

110821111156s  110821111632s

お天気はイマイチでしたが、かえって
水墨画のような雰囲気を感じられました。

110821110600s  110821112426s

ちなみに太湖は琵琶湖の3倍ほどの
大きさがあるそうです。

110821113814s

園内はめちゃくちゃ広いので
こんな電動カートで移動しました。

110821115026s   110821114852s 

盛りは過ぎていましたが、広大な蓮の池。

110821120408s

ほとんどのゴミ箱は「リサイクル」か
「非リサイクル」と分けられていましたが
守られている様子はありませんでした。
…っていうか、ゴミ箱に入れれば
良い方で、先ほどの遊覧船に
乗っていた彼の国の子供は
食べ終わったアイスクリームのカップを
平気な顔で湖水に投げ込んでました。

110821122722s

続いて、同じ太湖畔にある淡水真珠研究所。
ジャパネットタ○タの社長のような所長さんが
流暢な日本語で真珠やら化粧品やらの
セールストークを聞かせてくれました。

110821144300s  110821140850s (13:00)

無錫の市街地へ戻って昼食。
一応「無錫料理」とのことです。
スペアリブの煮込みがメインディッシュでした。

110821145422s  110821145434s

無錫を出て、蘇州に戻ります。
車窓から見える町並みは
「スクラップ&ビルド」の現在進行形を
目の当たりにできます。
そのせいでしょうか、メインの通りは全て
舗装されていますが、全体的にうっすらと
泥で汚れています。
走っている車の台数も少なくはありませんが
綺麗な車はほとんど見かけられません。
ちなみに、無錫や蘇州で見かけた車は
ライセンス生産の中国車が大半。
外車は圧倒的多数がフォルクスワーゲン。
次いで、ホンダ、トヨタって感じで
意外にシトロエン、プジョーの仏車勢も
少なからず見かけました。

110821150220s  

ちなみに↑ここは高速道路です。
普通に桃を売ってます。
買う方も平気で路駐です(^_^;)

110821161756s

高速道路脇で一番見かける
タイプの看板です。
巨大なシートを張り替えるタイプで
剥がれかけたものも多く見かけました。

110821163824s  110821164148s

1時間半ほどかけて蘇州に戻りました。
本日2番目の目的地、世界遺産「留園」です。

110821164244s  110821164606s

110821164856s  110821165250s

16世紀ということですから、約500年前の
個人庭園だそうです。

110821170638s  110821170756s

単純ですが「あ~中国だな~」って風景。

110821172746s  110821172646s

留園の前の通りには、日本の観光地と同様
お土産やさんが軒をつらねます。
歩道にはどこもかしこも電動スクーター。

110821174744s

続いては刺繍研究所。
かなり、感心しちゃう刺繍作品が
いっぱいでしたが撮影禁止。
んで、そんな刺繍作品見ちゃったあとだと
お土産ものの刺繍のレベルの低さが
ありありしちゃって、物欲消滅。

110821185332s

刺繍研究所に隣接するレストランで夕餉。
一応、蘇州料理とのことでしたが
昼のメニューとどこが違うのかしら?
って感じ(…すでに嫌な予感…)

110821194532s  110821195346s

110821195406s  110821194358s_2

腹ごなしに、平江歴史街を散策。

110821200358s

レスポールを抱える兵馬俑に出会いました。

110821214142s

平江の売店で買った青島ビールで晩酌。
3本で20元…約260円(^^)/

以上「なぜか上海」2日目でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜか上海@2011夏休み①

  110820114950s (11:50←おおよその時間、以下同様)

さてと、夏休み開始です。

今回は家人、長女、末っ子、オイラの4人旅。
スーツケースは3個です。

110820141722s (14:20)

途中で昼食をとって、成田へ。
昨年のサイパン旅行でもお世話になった
セントラルパーキングさん。
格安駐車場に比べると、若干高めですが
車は完全固定式で、鍵を預けることも不要。
極めて安心です。

110820142748s  

空港までは5分くらい。まずは南ウイングにある
「JTB旅物語」のカウンターを目指します。
通販専門の旅物語。
今回の上海行きも、新聞広告を見て
あまりのお安さに、これなら若干の
「ハズレ」があってもいいや…ってな感じで
申し込みました。

110820144234s

格安ツアーの常で航空会社は
指定できないのですが、ラッキーにも
ANAでした。(もちろんエコノミー(^_^;)

110820145510s 110820150652s 

早めのチェックインで窓際席確保。
さてと時間つぶしにでかけましょう。

110820151732s

そうそう、こんな募金箱がありました。
東日本大震災への募金です。
世界各国の通貨があります。
感謝ですm(__)m

110820153644s  110824092136s

青山ブックセンターで↑こんな本を買いました。
「旅の指さし会話帳mini上海」
日本語も英語もほとんど通じない中国で
これ、めちゃくちゃ役立ちました。

110820162722s  110820163544s

搭乗開始1時間ほど前に出国審査。

110820164102s  110820164954s

もうここは、日本でありながら日本ではありません。
免税品も日本土産も興味がない奴は
ゲームで時間つぶしです。

110820173510s  110820175452s

定刻どおりの搭乗開始。ボーイング767です。

110820191710s

機内食のメインはハンバーグライスでした。
もちろん黒ラベルをつけます(*^^)v

110820194252s  110820201240s_2

こやつはゲームに興じます。
オイラはベストヒットUSA(^^)/
大好きな80’s特集はどツボでした。

110820212402s  110820213358s (20:25 ここから現地時間)

極めて順調なフライト、上海浦東(プドン)空港に
定刻の到着です。
上海は日本との時差1時間です。

110820213418s  110820213508s

記念すべき中国への第1歩。
その後、とてつもなく広い空港内を
ひたすら入国手続きまで歩きます。

110820214930s  110820220130s

スーツケースを回収して、集合場所へ。
今回の日程は25人の大所帯です。

110820221512s

ここからは、JTB提携の中国人スタッフが
案内をしてくれます。
旅程のほとんどを、このバスで移動しました。
オットマン&フットレスト付きの3列シートで
一見豪華に見えますが、かなりぼろいバスです。
二重ガラスの内側が冷房で結露しちゃって
観光バスのくせに、外の見えない席があるのは
参りました。

110820234104s_2  110820234230s

蘇州のホテルまで移動です。
ほとんどは高速道路ですのでPAで休憩しました。
「便器に1歩近づいて」日本と同じ標語ですね。

110821000624s  110821001050s

蘇州の町に入りました。週末の夜ということで
結構、お店は開いていました。

110821002508s (23:25)

2時間少々で雅都大酒店到着。

110821002622s  110821002836s

回転扉の向こうは、豪華な造りのロビーです。
ここで2泊お世話になります。

110821004126s  110821004136s

カードキーをもらって部屋へ。
ツインを2部屋割り当てられました。
んま、ビジネスホテルに比べれば
ちょっと豪華かな…って感じです。

110821010508s  

電源は220V。コンセントの種類は
いっぱい並んでいるので、電圧さえ
対応していれば、使用は可能です。
ちなみに、テレビはNHKが受信可能でした。

110821062738s

アメニティは↑こんな感じ。
ミネラルウォーターが一人1本サービス
されますが、蛇口から出る水は
とうてい口にすることはできない匂いです。
シャワーを浴びて就寝。

「なぜか上海」1日目終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜか上海@2011夏休み.opening

P1010001

♪はじけた様な気分で、ゆれていれば そこが上海♪

これより夏休みです。
4泊5日の予定です。
いってきま~す(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »