« 不惑男のV-MAXな日々vol.4(メーターバイザー装着) | トップページ | ホンダタクト@7代目 »

Z-6@SHOEI

P1010001

ふみえみのヘルメットを新調いたしました。
名門SHOEIのZ-6です。

http://jp.shoei.com/

SHOEIも岩手と茨城の工場が被災して
早期復旧に向けて努力されているとのこと。
こんなちっぽけな消費活動では
「一助」にもならないかもしれませんが
無理なく再開されることをお祈りいたします。

さて…

単車生活そのものが昨年末の復活ですので
教習所時代から、つい先日まで
通勤スクーターで使ってる
ZENITHのジェットタイプが
オイラの唯一のヘルメットでした。

http://www.ysgear.co.jp/mc/helmet/newmodel/

魔子ちゃんでの走行でも
通勤や街乗りでは問題ありませんでしたが
やはり高速走行を続けるとなると
ジェットタイプではどうしてもリフトぎみになり
違和感が強くありました。

んでフルフェイスの選択ということになるのですが
代表選手はやはりARAIとSHOEIの2大ブランド。
(オイラもかつては、両メーカーとも使用経験あり。)
これはあくまで感覚的なものだと思うのですが
SHOEIのシャープなシルエットが好みとしてあります。

そんなSHOEIの現行ブランドでは
X-12がトップカテゴリー。
次いで国内解禁になった海外ブランドXR-1100と
定番進化のZ-6が追従する…てな展開。

http://jp.shoei.com/products/ja/helmet_detail.php?id=370

トップカテゴリーとはいえX-12は
帽体まわりに付帯するギミックが多すぎて
せっかくのデザインを壊しているように思う。

http://jp.shoei.com/products/ja/helmet_detail.php?id=386

そういった点でXR-1100は
流麗なシルエットなんだけど
実物をみると、ちょっと後頭部がデカい。

http://jp.shoei.com/products/ja/helmet_detail.php?id=362

というわけでZ-6のシンプルで飽きのこない
デザインに落ち着くこととなりました。
もちろんデザインだけでなく
Q.R.S.A.(Quick Release Self Adjusting)システムによる
静粛性の高さは、一昔前のフルフェイスと比べると
特筆もので、技術の進歩に感心することしきり。

さあ、次のツーリングが楽しみなのであります(^^)/

|

« 不惑男のV-MAXな日々vol.4(メーターバイザー装着) | トップページ | ホンダタクト@7代目 »

不惑男のV-MAXな日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155739/51343056

この記事へのトラックバック一覧です: Z-6@SHOEI:

« 不惑男のV-MAXな日々vol.4(メーターバイザー装着) | トップページ | ホンダタクト@7代目 »