« 2010夏休み@サイパンだ② | トップページ | 2010夏休み@サイパンだ④ »

2010夏休み@サイパンだ③

さてさて「サイパンだ」も3日目に
入りました。

20100705092134

今日は初めての団体行動、
サイパン島内観光です。
午前8時半にグランドホテル出発。
あちこちホテルを巡って
JTBツアーの人たちをかき集めます。
ほとんど何もついていないパックツアー
ですが、これだけは無料の観光です。

何の先入観も説明もなければ
サイパンはただの景勝地ですが
太平洋戦争の事実をさかのぼると
あまりに重く悲しい歴史の上に
「今」があるのだということを
強烈に刻みつけられる行程でした。

20100705081524  20100705081936

まずはバンザイクリフ。
米軍の投降勧告に応じず
80mの断崖に身を投じた老若男女
1万人以上。

「生きて虜囚の辱を受けず」
平和な時代に生きている自分が
この時代の戦陣訓について
正しかったとも正しくなかったとも
語れる立場ではない。
しかし、この教えがあったがために
導かれてしまった結末は
「悲しい」だけでは言い尽くせない。

20100705085636  20100705085746

続いてはラスト・コマンド・ポスト。
太平洋戦争時、旧日本軍最後の
司令部が置かれていたという場所。

20100705083742  20100705083842

左の写真は米軍の艦砲射撃で
開放してしまった壁。
内部は若干の崩落は見られるものの
往時の姿をそのままとどめている。
これは「コンクリートの練り上げに
鉄筋を腐食させる海水を使用せず、
飲み水も惜しんで雨水を集めて
施工したから」とのガイドの説明があった。
前述した戦陣訓と一部つながる
日本人の真髄につながるエピソードである。

五年生の末っ子君。
話の内容は十分理解できる年齢。
覚えておいて欲しい歴史だと思う。

20100705091448  20100705091512

さて、少し明るい方向に話題を変えましょう。

次に訪れたのはバードアイランド。
今回の旅行2回目の太平洋です。
人間はアプローチできない
鳥だけのサンクチュアリ。
コバルトブルーと石灰岩との対比が
綺麗でした。

20100705095046  20100705095622

観光の最後はシュガーキングパーク。
砂糖王の公園です。
スプーン印のお砂糖の創業者
松江春次氏の銅像。
世界中で存命中の日本人が銅像になったのは
この松江氏と野口英世博士の2人だけだそうです。
戦中も銅像が供出の対象になったところ
地元民の大反対で残されたという
人望厚き名士だったそうです。
ちなみに、公園には砂糖輸送のために
使用していた蒸気機関車や
日本統治時代を今に伝える
「彩帆香取神社」もありました。

20100705073840  20100705102708 

そして、我が家にとっては
なんの興味も無いDFSにて解散。
ブランド物には見向きもせず
ハードロックカフェでサイパンモノ数点と、
「その他大勢用お土産」だけ購入。

20100705110616  20100705113130

んで「サイパンダ」の前にて記念撮影。
ランチは焼肉屋さんで冷たいビール(^^)/

20100705142910 20100705141650  

シャトルバスでホテルに戻り
またまたビーチでビール(^^)/
缶ビールは地元スーパーで$1.3~$1.5。
この値段なら水買うようりもビールでしょ(^^ゞ

20100706150342  20100705170254

今晩のディナーはツアーデスクの壁で
見つけた、パームスリゾートホテルの
美波という和食レストラン。
呑み放題ついてこの値段なら
…と訪ねてみましたが…
ビールがぬるかった(ーー゛)

和食レストランなのに
何故か北京ダックとチャーシューは
美味しかったです

以上、硬軟とりまぜて
「サイパンだ③」でした<(_ _)>

|

« 2010夏休み@サイパンだ② | トップページ | 2010夏休み@サイパンだ④ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155739/48842704

この記事へのトラックバック一覧です: 2010夏休み@サイパンだ③:

« 2010夏休み@サイパンだ② | トップページ | 2010夏休み@サイパンだ④ »