« 丸忠@つくば市 | トップページ | ALICE Returns@日本武道館 »

ダバダ火振@無手無冠

P1010001s

ダバダ火振が届きました。

高知県四万十町の無手無冠(むてむか)さんが
丹精こめて作る「栗」の焼酎です。

P1010003s

私が20年以上愛読している
古谷三敏氏の酒コミック「レモンハート」の
第8巻(1990年初版)で初めてその存在を知り
他のどんな酒とも重なることの無い
香り、口当たり、のどごしに大ファンになりました。
作中で紹介されているエピソードの中には
ツキノワグマがなんのためらいも無く呑んだとか、
村おこしの一環として製造がはじまったとか、
記述されていますが、一口ふくめば
口中いっぱいにひろがるフルーティーな香りに
圧倒されると思います。

レモンハートに掲載されてた頃は
少し気の利いた飲み屋さんだと
焼酎のラインナップにダバダを置いてありましたし
ちょっとこだわりを持つ街中の酒屋さんでも
比較的容易に手に入りました。
しかし、某有名ソムリエの方が
「普段呑むのは『ダバダ』です。」なんて
TVで一言もらした途端…市中から消えました。
考えてもみてください、原料は「栗」ですよ。
原料の栗を蒸して、皮をむき砕き仕込む。
手間のかかり方は半端ではない。
1990年当時で年間一升瓶54,000本しか
製造できていなかった。
世は本格焼酎ブーム(ーー゛)
すっかりプレミアムの1本になっちゃいました。

最近になって、こまめにチェックしていれば
何とか手に入るようになりましたので
我が家の在庫が乏しくなると
切らさぬよう購入しています。

ということで、特報!!
写真の一升瓶は購入制限で1本しか
買えませんでしたので
五合瓶を別途発注しました。
12月5日に持ち込みます(*^^)v
のん兵衛の皆様、乞うご期待!!

|

« 丸忠@つくば市 | トップページ | ALICE Returns@日本武道館 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ゴチになりましゅ(^^ゞ

投稿: ピッコロ | 2009年11月12日 (木) 22時29分

>ピッコロちゃん
どうぞどうぞ、ご堪能ください。

…って、みんなで分けたら
堪能できるほど無かったりして(^^ゞ

投稿: ふみえみ | 2009年11月14日 (土) 08時32分

これさぁ、今日ドンキで見たんだよね。
買っておくべき?

投稿: ピッコロ | 2009年11月26日 (木) 22時59分

>ピッコロちゃん

そうなのよ。
オイラが愛用している焼酎オーソリティでも
新酒が出回る今の時期なら
四合瓶1600円ぐらいで買えます。
お好みに合えば「晩酌にロックで1杯」
なんてシチュエーションに最高の1本だと
思うけれど…12月5日の試飲後だと
無くなっちゃうかしら(^▽^;)

投稿: ふみえみ | 2009年11月27日 (金) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155739/46745764

この記事へのトラックバック一覧です: ダバダ火振@無手無冠:

« 丸忠@つくば市 | トップページ | ALICE Returns@日本武道館 »