« DSi | トップページ | 「原付」再び(^^ゞ »

タルト逝く

071029_07230001

2年前の10月、我が家に
やってきたばかりのタルト。
まだ、お兄ちゃんの足の上に
十分収まる大きさでした。

頭が良くて、機敏で、
狩りが上手で、
わがままなくせに甘えん坊で、
血統書なんかないけど
美麗な猫でした。

P1010021s

我が家の後ろの道路は
車2台は行き違えないような狭い道。
ところが、流山から野田まで
ちょうど国道16号線を
バイパスするような県道が
開通したせいで「抜け道」として
利用する車が増えていました。
地元の人たちは、子供もいるし
路地もある、ということで、
適切な速度で往来する
安全な道だったのに
抜け道族がとんでもない
スピードで行きかうように
なった矢先のできごとでした。
大きな外傷はないけれど
うちどころが悪かったんでしょうね。

天野さんの命日がタルトの命日にも
なってしまいました。
できうるなら、猫好きだった天野さんに
かわいがってもらってほしいな。

タルちゃん、短い間だったけど
い~っぱい癒してもらったよ。
本当に本当にありがとうね(;_;)

|

« DSi | トップページ | 「原付」再び(^^ゞ »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

何処で何が飛び出してきても大丈夫なような速度で運転してほしいなぁ。。
猫は急に飛び出すとかいい訳する人いるけど、それも含めて安全運転しないとね!
車っていまエコは地球に優しいとか言って低燃費車が飛ぶように売れてるけど車そのものがエコじゃないし凶器に化けるものでもあるんだからちゃんと運転してほしいよねぇ。。

タルトちゃん、きっと天野さんのところで可愛がってもらえるよ。
だってこの日なんだもの・・・

投稿: muraji | 2009年7月 1日 (水) 22時57分

>むらじしゃん

早速のコメントありがとうございます。

「何処で何が飛び出してきても大丈夫な速度」
これって、いやってほど自動車教習所で
習うことですよね。
同じシチュエーションで物心つかない子供が
飛び出していたら、やはり「この犯人」は
跳ね飛ばしていたと思うのです。

猫がとびだしたからといって避けきれない、
止まりきれない速度で走るなんて考えられない
のどかな農村風景が広がる生活道路。
車の性能だけでなく、運転手の心のエコがなければ
本当のエコにはつながりません。
二度とこんな悲劇が起こらないことを祈ります。

投稿: ふみえみ | 2009年7月 4日 (土) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155739/45510377

この記事へのトラックバック一覧です: タルト逝く:

« DSi | トップページ | 「原付」再び(^^ゞ »