« 五月の匂い | トップページ | 房州魚専門わかせい@袖ヶ浦 »

King of Japanese Rock に捧ぐ

Cimg7276s

また一人、偉大なミュージシャンが
神に召された。
言うまでもなく、日本のロックの礎を築いた
忌野清志郎さんである。

大音響と不完全な英語に彩られた
陳腐なロックとは一線を画し、
どの曲でもはっきりと聞き取ることができ
強く訴えかけてくる歌詞。
叙情的に回りくどく愛なんて語らない。
愛し合ってるんだったら「発車」しちまえよ。
核兵器?そんなもん俺たちはいらね~んだよ。

時にはその歌詞に含まれるメッセージが
あまりにも強烈すぎて、
画一化され、批判の矢面に立つことを
極端に嫌うものどもから糾弾を浴びる
こともあった。
しかし、おそらく大部分の日本人が
「共感」していたことも事実だろう。
「昼間のパパは男だぜ」と歌ってもらい
和み、癒された父ちゃんたちも
無数に存在するだろう。
化粧を落とした時のシャイな受け答え。
自転車愛好家という一面も、
強く共感できるアーティストだった。

4年前の天野さん…そして清志郎さん…
早期発見すれば怖い病気では無いとは聞くが
これだけ有能な人が、壮絶な闘病の末に
早逝してしまうのを目の当たりにすると
医学の進歩をさらに強く望みたくもなる。

写真は何故か1枚所有している
RCサクセションのTシャツ。
(NSPは1枚も持ってないのに…)
こいつは洗いざらしで若干色あせつつありますが
清志郎さん、あなたの残した楽曲は
永遠に色あせることはありません。

合掌

|

« 五月の匂い | トップページ | 房州魚専門わかせい@袖ヶ浦 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155739/44907131

この記事へのトラックバック一覧です: King of Japanese Rock に捧ぐ:

« 五月の匂い | トップページ | 房州魚専門わかせい@袖ヶ浦 »