« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

増築@MY HOUSE(その17)

Img_0193s

Img_0194s

久々にこのアングルからの
写真UPですね。
昨日は、数年に1度しか降らないような
記録的な1時間雨量を観測したときに
発表する『記録的短時間大雨情報』が
野田市でも伝えられました。
ここ数日はそんなこんなで滞っていた
外壁の工事が進みはじめました。

Img_0196s

ジャジャ~んhappy01
こちらがオーダーメイド本棚でし。
なにしろ「買った本が捨てられない」
という貧乏性ゆえ
従前も本棚、ダンボール、平積み…と
ところ狭しと書籍がころがっておりました。
A4、文庫本、新書、CD…etc
あらゆるサイズを網羅しております。
ほぼ同サイズの本棚が反対側の壁面にも
設置される予定でし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増築@MY HOUSE(その16)

Img_0171s

増築は細かい造作にかかりました。
こちらは、階段の吹き抜け
明かり取りの窓だったところ。
この壁の向こう側が新しい部屋ですから
明かり取りはもうできません。
でも、枠を外してただの壁にしちゃうのは
味気ない。
ってなわけで、ちょっと遊び心で
鏡をはめこんでもらいました。
仕上がりはご覧のとおり。
空間の広がりを感じるほか
吹き抜けの電灯を使った
間接照明効果もあり。
GOODでした。

Img_0173s

部屋の中の進捗具合はこんな感じ。
注目は正面両脇の壁に取付けられた
飾り板。

Img_0172s

さて、これは何でしょう…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万座高原ホテル@群馬

08082342

今回の夏休みはこちらのホテルに
お世話になりました。
温泉好きにはたまらない
硫黄臭たっぷりの白濁の湯。
名物標高1800mの露天風呂
石庭露天風呂には8つの湯船。
2種類の源泉から白っぽいお湯と
黄色っぽいお湯がかけ流しされています。
こちらは混浴のため、女性には
若干敷居が高いかもしれませんが
不織布の湯浴み着(1000円)や
レンタルの大判バスタオル(100円)が
用意されています。
湯船の数が多いうえ、熱湯からヌル湯まで
温度管理されていますので
時間が許すなら、永遠に浸かって
いられそうです。
男女別の内風呂にも2種類の源泉が
ちゃんとひかれてますから
どうしても混浴が「ダメ!」って方は
そちらへどうぞ。
ちなみに、こちらのホテルは
プリンスホテルグループに属しますので
隣接する万座プリンスホテルの
青みがかった温泉も無料で楽しめます。
(1時間に1本程度のシャトルバスあり)

元々はスキーがメインの宿ですから
伝統的な和の温泉宿って雰囲気は
客室にも料理にも感じられませんが
(バイキング料理は美味でした~)
リーズナブルに本格的な温泉を
楽しみたいご家族には超お奨めです。

http://www.princehotels.co.jp/manza-kogen/onsen/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山行記録@本白根探勝歩道

08082218

11:04 万座バスターミナルにて路線バス乗車
 ↓
11:30 白根レストハウス到着
     (焼きもろこしゲット)
 ↓
11:44 弓池を周回しリフト乗り場へ
 ↓
12:16 本白根探勝歩道入山
 ↓
12:23 から釜到着
 ↓
12:56 本白根探勝歩道最高点(標高2171m)到着
 ↓
昼食
 ↓
13:33 万座温泉に向けて下山開始
 ↓
15:00 万座温泉バスターミナル帰着

「感想」
本白根探勝歩道最高点までは
ちょうど1年前に歩いたルートでした。
今回は万座温泉に宿を取りましたので
白根火山は路線バスで登っちゃって
万座温泉まで1本道で帰ってくる
ルートを計画しました。
白根レストハウスに到着した時点で
周辺は濃霧に覆われ、湯釜の景観も
望めなかったのでそのまま探勝歩道に入りました。
リフトを使って本白根ゲレンデの上に
出てしまうと、夏空が広がりました。
弓池から約1時間で歩道最高点到着。
下山開始直後にゴールの万座温泉が見えますが
以降はひたすら山の中。
約4kmの山道は1時間半ほどの行程でした。
山行後の万座の湯が最高だったことは
言うまでもありません。

http://photos.yahoo.co.jp/ph/fumiemi1965/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山行記録@湯の丸高原見晴岳

08082171

09:45 地蔵峠駐車場着(標高1731m)
 ↓
09:55 三方見晴遊歩道入山
 ↓
11:25 見晴岳(標高2110m)登頂 
     (ほぼガイドブック通りの90分)
 ↓
昼食
 ↓
12:18 下山開始
 ↓
12:33 池の平湿原到着
 ↓
13:14 池の平遊歩道にて下山開始
 ↓
13:59 地蔵峠駐車場へ
     (ガイドブック5分短縮の45分)

「感想」
高低差たかだか300mのハイキングコース。
とは言え、スタート地点がすでに1700m超ですから
8月の晴天下でも涼しさを感じる山行です。
比較的傾斜も緩やかですが、1時間半でたどり着く
見晴岳山頂からは東御市、小諸市が眼下に広がり
眺望はすばらしいものでした。
私たちのような「なんちゃってハイカー」でも
十分に楽しめて、充実感も味わえるハイキングでした。
ちなみに、車で湯の丸高峰林道を登ってしまえば
池の平湿原までのアクセスは簡単です。

http://photos.yahoo.co.jp/ph/fumiemi1965/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマメ@夕餉

Img_0039s

夕刻、お盆休みの大工さんが来訪。
釣りたて新鮮なヤマメをいただきました。
早速、夕餉で塩焼きに。
美味でした~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増築@MY HOUSE(その15)

Resize0007

着工からちょうど1ヶ月です。
工事はお盆休みに入りました。
前回のレポートで貫通した
父ちゃんの元書斎が変身です。

Resize0008

壁だった2面が抜かれ
階段から続く回廊になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増築@MY HOUSE(その14)

Img_0026s

増築@MY HOUSE書き始めに
掲載した父ちゃんの書斎が
遂に貫通しました。
2畳の部屋の半分がクローゼット、
残り半分が新しい部屋への廊下に
なります。

Img_0029s 

新しい部屋からみた扉。
書斎の壁はクロスを剥がし
間柱が抜かれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増築@MY HOUSE(その13)

Img_0023s

連日の猛暑にもかかわらず
朝早くから暗くなるまで
大工さんは作業を進めてくれています。

Img_0025s

外壁の下地が施工されました。
一気に家らしさがアップした感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増築@MY HOUSE(その12)

Img_0022s

連日の雷雨ですが工事は進行中。
断熱材、天井の施工が進んでいます。
LANを含む電気工事も同時進行です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増築@MY HOUSE(その11)

Img_0021s

今年の夏一番の酷暑の中
瓦屋さん最後の仕上げです。
いや、しかしデカイ屋根だcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増築@MY HOUSE(その10)

Img_0018s

床の下地板のはり込みに続き
早くもサッシが入りました。
北側には床から天井までの
長いすべり出し窓が入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »