« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

幸生@春日部市(その4)

Sa3a0005s

幸生の「ニラスタミナラーメン」です。

ニラとモヤシとひき肉が
あんかけ炒めになって
しょうゆラーメンの上にのってます。
ぴり辛のあんかけに箸をつっこみ
麺を引きずり出しながら
一気にすすりこむ。
(辛味ごと気管に入らないように注意)
多分、特別な調味料なんか使ってない。
でも、素人には絶対に出せない
まさに「中華味!!」
美味いです。

坦坦麺でも抱いた感想なんですけど
とにかく幸生のメニューは
ひき肉の使い方が
すんごく上手なんだと思うのです。
贅沢な食材を使えば
美味しくなるのって当たり前ですよね。
でも、どこにでもある食材でも
使い方次第でこんなに美味しくなる。

食後の「幸せ感」高い一品です。

追伸
このメニューにはテーブル常設の
おろしにんにくを一さじ。
おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸生@春日部市(その3)

Sa3a0006s

幸生の坦坦麺です。

断言しますヽ (´ー`)
オイラはこんなに美味い坦坦麺は
食べたことがありません。

坦坦麺って基本は胡麻味噌と辛味。
幸生の坦坦麺はこの基本を押さえた上で
「+アルファ」が加えられている。
それはザーサイとひき肉。
決して特別な食材では無いんだけど
とにかく絶妙なバランスでスープに
溶け込んでいる。
麺を食べている間はもちろんのこと
残ったスープの中でもそのバランスが
崩れることは無い。
はっきり言って、このスープは残りません。
必ず飲み干して終わる。
「一押し」は数多い幸生ですが
まず!これだけは絶対食べてください。

追伸
辛いものお好きな方は
「辛目でお願いします」の一言を
お忘れなく(^◇^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幸生@春日部市(その2)

幸生のメニューが価格変更しました。
幸生(その1)で懸念していた
価格の安過ぎが一安心です。

Sa3a0001s

Sa3a0002s

Sa3a0003s

Sa3a0004s

それでもまだまだお安い。
その丁寧な仕事ぶりをみれば
納得できると思います\(^▽^@)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一風亭@野田市(その1)

かつてはどこにでもある
やまだうどんだった店。
その後、ころころころころ
いろんな店が入れ替わりましたが
この店になって、めでたく1周年。
地元周辺ではなかなか出会えない
…というか、他所でもなかなか
このカテゴリーのラーメンは
お目にかかれないかな。

Grl_0035

基本はいりこ出汁の和風スープ。
デフォルトでも相当こってり系ですが
「こってり」メニューだと
ほとんど「ポタージュ」
しかし、つるしこの極太麺に
このスープが良くからんで
バランスは非常にまとまっています。
そして、一風亭でわすれちゃいけないのが
京都九条ねぎを使った「青ねぎ」の
トッピング。
前述の濃厚スープに極太麺という
ヘヴィなキャラクターがこの青ねぎという
ファクターで見事に緩和される。
ごちゃごちゃと手当たりしだい
トッピングするのではなく
「1+1=2」以上にするまとまりの良さを
感じます。

こってり味噌ラーメン780円に
青ねぎトッピング200円。
若干、お高めですが満足度は高いです。

住所:野田市中野台824
電話:04-7121-6604
定休日:火曜日 
営業時間:11:00~21:00

※残念ながら閉店しました<(_ _)>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »