トップページ | 2007年12月 »

グレッグ・ベネット

夜勤前ぇ~の一時、
ちょびっとだけ早目に
家を出て渋谷に向かいました。
目指したのは僕のマーチン君でも
お世話になった黒澤楽器さん。
そのアコースティックデザイン店。

Sa3a0008s

ほぼ毎日オイラがチェックしてる
J-Guitarに見慣れないブランドを発見。
その名は「グレッグ・ベネット」
そのお安さから判断すれば、
大陸製の「安かろう悪かろう」だろうなと
たかをくくって読んでみると
なんと「オール単板、グローバーペグ、
アバロンインレイにフレイムメイプルの
バインディング」さらには「フィッシュ
マンのピックアップ」までついた
フローレンタイン・カッタウエイモデルが
なんと新品で75,000円位で買えるという。
ギター好きなら非常に興味がそそられ
ますよね~(オイラだけ(^_^;)?)

ありましたありました。
お目当てのASMJR-CE。
前述の通り、当節流行のフィンガーピッカー
ギターが備えて欲しいファクターは
ほぼ完璧に備えている。
いつも通り快くチューニングしてくれた
店員さんからギターを受け取る。
ミディアムジャンボのボディは抱えやすい。
若干幅広のかまぼこ型ネックは
三層構造で強度もありそう。
肝心の音色も価格的に同クラスで
聴き覚えのあるヤマハのAPXやCPXと
比しても決して遜色のあるものでは
ありませんでした。

しか~し
結論から言ってしまうと、オイラの食指を
動かす一本にはなりませんでした。

一弾きしてから、改めて造作を確認すると
そこかしこに「粗さ」が…。
フレットの両端、切断面が不揃いだったり、
せっかくのフローレンタインカッタウエイや
メイプルバインディングの「チリ合わせ」に
精度の低さが垣間見えたり。
さらにそれらを覆い隠すかのような
分厚いグロスフィニッシュ。
このような負の要因は、基本的に長い付き合いを
求めるオイラの重い腰をさらに重くする
だけのものでしかありませんでした。
同じ大陸製でもヘッドウエイの
ユニバースシリーズでは感じなかった。
むしろ、その造りの良さに感心したものですが
グレッグ・ベネットは「やっぱりこの価格では
こんなものだよね~」を実感してしまいました。

でも決して、全てを否定する訳ではありません。
とにかく、にわかには信じがたいコスト
パフォーマンスの高さは本当に
目を見張るばかりです。
一本目として、このカテゴリーのギターが
欲しい方や、大事なお宝ギターを外出
させたくない方ならお勧めだと思います。

関連HP
http://www.kurosawagakki.com/items/detail/10262.html
http://www.gregbennettguitars.com/acousticportal.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸生@春日部市(その1)

実は、このブログ再開を決意したのは
このお店との出会いでした。
江戸川を渡った隣県のお店なのに
ほぼ、10日に1回くらいのペースで通ってます。
調べてみたらお店のHPは無さそう。
んでも、ぜひ世間一般に紹介したい。
その一助になればと思った次第。

都内で呑んだ深夜の帰り道。
オイラが自宅近傍の駅までたどり着けない場合
最も近くまで帰れるのが東武伊勢崎線のせんげん台駅。

お迎えをお願いして「ラーメン食ってく?」と
あいなりまして、国道4号を北に向かい走ること数分。
本当に何の気なしに入ったお店でした。

店名は「幸生」
残念ながら(?)「Yukio」とは読みません(;^_^ A
「こうせい」と読みます。

Sa3a0005s

最初に注文したのが味噌ラーメンと
半チャーハンのセット。
何とこのボリュームで780円!!
スープは1杯づつ中華鍋で丁寧に造る。
麺がのびないように、スープの進捗状況に
合わせて店長さんがサポート店員さんに
麺ゆでを指示する。
半チャーハンも作り置きなんてせず
きっちり中華鍋を踊らせて炒めあげる。
とにかく、その造りのきめ細かさが
全て味に現れています。

その後も相当な頻度で訪れていますが
「ハズレ」のメニューに当たったことが無い。
敢えて「気がかり」を書かせていただくなら
値段が世間相場に比しても相当に安い。
はっきり言って、全てのメニューが200円づつ
高くなってもオイラは通います、ハイッ!(ノ^-^)ノ

ということで幸生が末永く続くよう
非常にささやかなサポートですが
これからも逐一、このブログで紹介させて
いただきます。

所在地:埼玉県春日部市備後東5-6-40(国道4号沿い)
電   話:048-734-1711
店長さんに伺いましたが、お休みは不定休だそうです。
ただし、お休みが決定すると店内に貼り出されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一ツ木@北茨城市

新そば堪能のあとは常陸牛です。

宿は北茨城の公共の宿
マウントあかね
http://www.mountakane.com/

夜景&太平洋の眺望ともに
素敵なお宿でした。

宿の食事でも良かったのですが
せっかくなのでこだわりのお肉を
ということでこれまたネット検索。
たどり着いたのは洋食「一ツ木」です。
http://gourmet.yahoo.co.jp/0003489609/0001358189/ktop/

Pa0_0067
サーロインステーキ

Pa0_0066    Pa0_0065
デミグラス・ハンバーグ    和風ハンバーグ

サーロインステーキはレアでいただきましたが
ジューシーで口の中でとろけるような食感。
さすが常陸牛という一品。
しかし、食後の家族全員一致の感想
「次はデミグラス・ハンバーグだなヾ(;´▽`A``」
とにかく、味わいたっぷりのハンバーグに
手間ひまかかってることを実感させる
デミグラスソースは本当においしかったです。

住所:茨城県北茨城市磯原町豊田341
電話:0293-42-1171

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曉山@日立市

11月中旬、新そばを食らうべく
各地そばドコロを検索
当初は信州も想定していたのですが
一足早い冬将軍がやってくるとの予報。
我が愛車オデッセイには、まだ冬タイヤが
未装着(T_T)
んではと、茨城県北部に方針転換。
検索の末たどりついた
お店の名前は「曉山」
http://www.gyouzan.com/

週末&基本的に予約のみのお店。
「そば」ののぼりが無ければ
通り過ぎてしまうようなたたずまい。

Pa0_0061   Pa0_0064

結論から申します、めっちゃ美味でした。
天せいろ(1,100円)です


Pa0_0062

新そばらしい微妙な青臭さが香るそば。
そば好きの末っ子はつゆにつけるのも
忘れてそのままそばをすすってました(^^ゞ
ごま油でさっくり揚げた天ぷらも
辛味大根のおろしが絶妙にマッチング。
これで1,100円は絶対に安い!!

そうそう、デザートで頼んだそばぜんざい。
このふわふわ感は病みつきになります。

Pa0_0063

すみません<(。_。)>
アンコ好きの性格が災いし
ほとんど食べちゃってから写真の
撮り忘れに気がつきました(;^_^ A

住所:茨城県日立市田尻町2丁目7番11号
電話:0294-42-4981
営業日:金・土・日曜日 昼
営業時間:11時から14時

| | コメント (7) | トラックバック (1)

ホワイト餃子@野田市

唐突ですがブログ復活です。
んま、極私的意見の羅列ゆえ
めくじら立てず読んでいただければ
幸いです<(。_。)>

ネタのメインは「食」と「酒」と「音楽」と「車」と…
相変わらず先立つものも無いのに
興味のアンテナは広い。

んで、まず最初に目に付いたネタがなんと
「ホワイト餃子」
そう、わが町がほこる行列のできる餃子の名店。
ご多分に漏れず、原材料高騰のあおりをうけ、
先月から値上げに踏み切ったとはいえ
相変わらず「生餃子30個で809円」という安さ。
http://www.white-gyouza.co.jp/

ところで皆さんホワイト餃子をどんな風に焼いてます?
一応、HPを見ると詳しく調理方法が掲載されてますが
店頭でも出されるこの焼き方は、はっきり言って「揚げ餃子」
正直、この焼き方は好きでない。
http://www.white-gyouza.co.jp/cook/index.html

ということで我が家伝統の焼き方の紹介。
(っていうか餃子の基本的な焼き方なんですけどね)

①油は徹底的に薄く、極少量しいてください。
Cimg4089s

②凍った餃子をちゃんとバラバラにしてから均一に並べます。
 (餃子が膨らみますから余裕を考慮してください)
Cimg4090s

③中火でキツネ色になるまで焼き色をつけます。
Cimg4091s

④餃子がひたひたになるまで水を注ぎ込みます。
Cimg4092s

⑤すぐにフタをして蒸し焼き開始です。
Cimg4093s

⑥とろ火より若干強めにして弱い沸騰状態をキープします。
Cimg4094s

⑦じっくり蒸し焼きし、餃子の皮が白から半透明になるまで焼きます。
Cimg4095s

⑧最後にフタを取り、強火にして水気を全て飛ばします。
Cimg4096s

⑨火を止めて皿をかぶせます。
Cimg4097s

⑩フライパンをひっくり返せば完成です。
Cimg4098s

この焼き方をすると、ホワイト餃子特有の分厚い皮が
もっちりと仕上がります。
ちなみに我が家では、オイラがあまりに焼き加減にうるさいため
満足いくように自分で焼くこととなっております(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年12月 »