ライディングブーツ「TIGER」@AVIREX

Pc060003s_2

家人からのお誕生日プレゼントが
アマゾンさん経由で届きました。

Pc060004s

ライダーにリターンした当初に購入した
ブーツがへたってきたので…

Pc060005s

…と某バイクショップで品物を物色。
サイズ合わせまではしたのですが
希望のカラーが無い(-_-)

Pc060006s

取り寄せて、また訪問するには遠すぎる。
申し訳ありませんが、型番だけ調べて
アマゾンでポチリ。

Pc060007s

はい、フライトジャケットの名門
アヴィレックスのタイガーです。
一見レースアップですが、サイドに
ジッパーがあり、着脱は容易です。
早く足に馴染むように
バイクにも乗らないといけませんね(^_^;)

Pc190002s

↑ちなみにこちらは、後日、娘から
もらった誕生日プレゼント。
ヘルメットでつぶれた髪を隠すには
なかなかオサレでございます(*^_^*)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

深井戸用インバータポンプ JP-V250S@テラル

今年2月、めでたくローンの完了した
我が家ですが、建築当初から井戸水です。

現在は上水道も配管済みなのですが
めっちゃ美味しいお水なので
井戸水は捨てがたい。

しかし、さすがに25年も使用したため
井戸水のポンプが老朽化。
特に給水圧力が激落ち。
更新することになりました。

Pb260001s

笑っちゃいけない(^_^;)
ポンプ小屋は地植えしたヘデラヘリックスで
全面覆われてしまっています。

Pb260002s

こやつが滅茶苦茶かたくてしつこくて
半分ほど引き剥がして、ようやく
ポンプ小屋が見えてきました。
ちなみに、これはオイラの自作です。

Pb260005s

屋根をはがすと…(@_@;)

Pb260004s

おやおや、鳥さんがお住まいだった
みたいですね。
家賃、請求しそこねました(^^ゞ

Pb260006s

間伐材を使ってログハウス風に
仕上げたポンプ小屋。
お疲れ様でした。

Pb260008s

日立製のポンプ。
大工さんのおっしゃることには
25年も1台のポンプというのは
かなり珍しいらしいです。
水の質の良さが関係しているかも
とのことでした。

Pb260011s Pb260010s

実は、大工さんにポンプの出力を
調べておくよう言われてまして
この作業に着手したのですが
250W深井戸用ポンプでした。

Pb260012s

ポンプの手配が済むまで
ボロボロですが小屋を復旧しました。

Pc310001s

はい、ということで更新です。

Pc310002s Pc310004s

テラルのインバーターポンプです。

Pc310003s

ポンプそのものが、かなりコンパクト。
元配管の取りまわしの関係で
ご覧のとおり、高床式です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テラル 深井戸用インバータポンプ【JP-V250S】単相100V 250W
価格:74501円(税込、送料無料) (2016/12/31時点)


さて、もちろん新しいポンプにも
小屋を設置します。
我が家には建築科に通う棟梁がいる。
(末っ子とも言う(^^ゞ)
実家の物置から、材木をかきあつめ
CADで設計。

Pc310008s

今回、オイラは棟梁の言いなりで
材木を切り出し、組み立て。

Pc310009s

サンダーで仕上げてから塗装。

Pc310013s

あはは、贅沢すぎるポンプ小屋の
完成です。

そうそう、ポンプ更新の効果は絶大。
しょぼしょぼしてたお風呂のシャワーが
痛いくらいになりました(^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニバインダー@鞄のいたがき

Pb230003s

バーバリーのシステム手帳を
長年愛用してきました。

Pb230007s

どれぐらい「長年」かと言いますと
手帳のポケットにレシートが入っていて
なんと1997年3月の購入履歴。
そう、来年の3月で丸20年!

Pb230006s

銀座伊東屋で20年前のオイラが
大奮発してネーム入りで作りました。

Pb230004s Pc300004s

メモ帳という機能的には、問題ないのですが
さすがに20年も使うと、角という角が
擦り切れて貧相な状態に。

Pb230001s

…ということで、一歩早い自分への
誕生日プレゼント。


北海道の名店、鞄のいたがきさんのミニバインダー。
いわゆる「ミニ6穴」のシステム手帳です。

Pb230002s

今回もちゃんとネーム入り。
バーバリー以上の作りの丈夫さを感じます。
定年までは余裕で使えそうですね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不惑男のV-MAXな日々vol.58(魔子ちゃんシート張り替え)

年末は毎年仕事が立て込むのですが
例年以上に忙しく、ブログ更新が
滞っておりましたm(__)m

…などと、言い訳をぶちかましつつ
撮りためたネタを整理しておきたいと
思います。

Pb060324s

魔子ちゃん2号は初年度登録が
平成12年なので齢16歳。

Pb120329s_2

交換や張り替えをしていないという
前提であれば、そこそこ綺麗に見える
シートなのですが、そこかしこに
劣化が散見されるようになってきました。

Pb120326s

…ということで注文しました。
V-MAXノンスリップカスタムシートカバー。
ルーシージャパンさんの製品です。

Pb120327s

カラーはもちろん、赤と黒(^_^)/

Pb120328s

縫製の仕上げも、ご覧のとおり
丁寧で綺麗です。

Pb120336s

まずは、シート本体をバラバラに。

Pb120343s

メインシートの座面には
こんな亀裂もできてました。

Pb120348s

マイナスドライバを削って
針起こしの道具を自作。

Pb120344s

地道な作業の繰り返しです。

Pb120349s

3分割のシートをすべて剥がしました。

Pb120350s

タッカーの打ち込みを始める前に仮装着。
ご覧のとおり、すでにカッコよさ満点(*^_^*)

Pb120340s

さて、タッカー作業に着手しましょう。
最初は手持ちのダイソー製品で開始しましたが
貫通不良が続出(T_T)

Pb150352s Pb150353s

手動をあきらめてアマゾンでポチリ

古いけど、我が家には一応コンプレッサがある。

Pb150354s

はい、エアタッカーです。

Pb150355s

中国製の激安品ですが、評判も上々。

Pb200358s

ダイソーのタッカー針だと2本ずつ
打ち込むことになりましたが
強度的にはよかろうと
バスバス打ち込みました。

Pb200357s

はい、完成。

Pb200359s Pb200360s

元々の採寸がしっかりしているからでしょう。
素人の初作業としては上々の仕上がり。
(自己満足の世界ですが(^_^;)

Pb230327s Pb230329s_2

魔子ちゃんへの装着状態がこちら。
いや~、バイクが新しくなったかのような
仕上がり具合。

Pb230326s_2 Pb230328s

惚れ直したぜ魔子ちゃん!(^^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不惑男のV-MAXな日々vol.57(ツーレポ@少年たちの夢ツーリング)

秋たけなわ。
今走らないと、すぐに寒くなっちゃうぞ
…ということで、栃木周辺を散策する
日帰りツーリング企画。
今回は駆凜メンバー達が少年時代に憧れた色々に
逢いにいきます。

161106065412s

集合は、東北自動車道羽生PAに午前9時。

161106065418s

少しだけひんやりの午前7時。
魔子ちゃんに火を入れました。

161106080810s

約1時間で到着した羽生IC近傍のGSにて給油。

161106082240s_2

定刻40分前だというのに全員集合。
さらに、嬉しいことにスマートYさんが
サプライズ参戦してくれました。

161106082432s

しかも…

161106082654s

なんと、今年の8月に買い換えたという
新型戦闘機ホンダX4も初お披露目です。

161106082532s

元々、カスタム色たっぷりのX4タイプLDに
スーパーコンバットとフェンレス加工が
施されている個体です。

161106083026s

続いては、レンタルで毎回違うバイクを
調達してくる盛り太君。

161106082942s

今回は、前回のお泊りツーリングで使用した
ヤマハR3のカウルレス、MT-03。
オーセンティック外装バージョンだと
オイラの魔子ちゃんとおそろいだったのにな(^_^;)

161106083328s

最後に団長のVTをチェックしても、まだ午前8時半。

161106083756s

実は最初の目的地まで30分ほどしかかからないと
想定されるので、早く出発しても開店していない。

161106090220s

…ってなことで、コーヒーなど飲みながら
ひなたぼっこのダベリングタイム。

161106084944s

こやつは、本日2回目の朝食。

161106091032s

さてと、では出発準備と参りましょう。

161106091400s

雲ひとつ無い晴天で、日差しはポカポカしてきました。

161106094810s

はい、計算どおりジャスト30分で
最初の目的地に到着。

161106094726s

ここは…栃木駅…

161106095128s

ローカルな線路もあります…

161106095208s

しかし、その実態はコチラ。
魔方陣スーパーカーミュージアム

161106095340s

まだ開館前なので、覗き込んだバックヤードには
ご覧のような車たちが止まっていました。

161106095434s 161106095548s

国鉄時代の栃木駅を移築したという建物内には
当時の遺構に合わせ…

161106095522s 161106095620s

ミュージアムならでは展示もありまして
開館時間を待つ間も、暇を持て余すことは
なかったのですが…

161106095512s 

駅前に1台…

161106095634s

2台…

161106100336s

3台のフェラーリが入場。

161106100014s

意図した配置でしょうか、6気筒のディーノ2台で
12気筒の365GT4BBをはさんでいます。

161106100424s 161106100432s 161106100440s

いずれも40年以上前の車ばかりですが
年数を感じさせない輝きでした。

161106100344s 161106100324s

するって~と、今度はランボルギーニ達が登場。
続々とバックヤードに入っていきます。

161106104914s

最終形がこちら。ツーリングに選んだこの日は
「ランボルギーニ・ヘリテージ・ギャザリング」
というイベントにバッティングする幸運に
恵まれました。

何も申しますまい。至極のスーパーカーたちを
ご覧あれ(^.^)/

161106101648s 161106101658s 161106101714s

161106101734s 161106101802s 161106101800s

161106101806s 161106102852s 161106102858s

161106101742s 161106101750s 161106101810s

161106103056s 161106103102s 161106103138s

161106103428s 161106103454s 161106103606s

161106103512s 161106103522s 161106103548s

161106103206s 161106103422s 161106103610s

ここからは、おそらくバックヤードに
押し出された常設展示車。

161106103648s 161106103656s 161106103658s

161106103702s 161106103900s 161106103940s

その他、ギャラリーの皆様のお車も
すごいのばかりでした。

161106104218s 161106104224s 161106104204s

そうそう

161106104108s 161106104052s

その世界ではかなり有名らしい
「ミニイオタ」も参加されてました。

161106104932s

スーパーカーにおぼれた1時間。
堪能させていただきました。

161106113328s

スマートYさんはご都合により離脱し
残る3名で第二の目的地に移動。

161106113336s

30分ほどで到着したこちらは…

161106113352s

おもちゃのまちバンダイミュージアム

161106113412s

まずは、仮面ライダー、アカレンジャーたちが
お出迎え。

161106113636s

入口の扉をくぐると、実物大ガンダムがど~ん!

161106113704s

フロントで千円なりを支払って入場です。

161106114006s

ガンダムに見下ろされながら…

161106114040s

まずは戦隊ヒーローものがお出迎え。

161106114124s

オイラが夢中になったゴレンジャーの時代から
延々と続く歴史に圧倒されます。

161106114452s

さて、おもちゃの前に、バンダイコレクション財団が
展開するエジソンコレクションを鑑賞。

161106114548s_2 161106114638s

161106114810s 161106114814s

蓄音機、電球、映写機の三大発明をはじめ
現代社会につながる発明の数々は
エジソンが生み出したものだと再認識。

161106115024s

最後に、暗室でエジソン型の電球を実体験。

161106114716s

当時の人が今のLEDの明るさを見たら
どう思うのでしょうね。

161106115236s

さあ、ではおもちゃの世界に移りましょう。
まずはワールドトイミュージアム。

161106115522s 161106115526s

161106115610s 161106115718s

アメリカを代表とする模型やぬいぐるみの
展示が主ですが、当方達の世代よりは
少しさかのぼる時代のものでした。

161106115748s

続いてはホビーミュージアム。

161106115754s

部屋の真ん中にはガンダムの
ホワイトベースがど~ん。

161106115810s 161106120010s

161106115802s 161106115828s

バンダイの屋台骨ともいえるガンプラの歴史が
全てつまっているという感じ。

161106120052s

ちなみに、こちらがガンプラ第1号だそうです。

161106120114s 161106120202s

プラモデル大好き団長と初期ガンプラ世代の
盛り太君は興味津々でした。

161106120434s

さて、それでは最後のコーナー
ジャパントイミュージアムです。

161106120530s

まずはパネルで日本のおもちゃの歴史が
紹介されています。

161106120712s

実物展示は、まずブリキのおもちゃから。
プレミアムものの値段は凄まじく…

161106120944s 161106120954s 161106120948s

左から100万円!150万円!!200万円!!!

161106121014s

ウルトラマンも100万円でした。

161106121212s

1970年代コーナー。
この辺りから団長とかオイラは
少年時代がバッティングします。

161106121348s

おお!仮面ライダー変身ベルト!!

161106121412s_2

そして、ウルトラヒーローシリーズ。

161106121436s 161106121534s

どちらも、とことんお世話になりました。

161106121752s 161106121758s

科学特捜隊のビートル号に
ウルトラ警備隊のポインター号。
今風の「スマート」ではないかもしれないけど
独特のカッコよさは永遠ですな。

161106121808s_2

続きましてはマジンガーZ。
マジンガーと言えば…

161106121908s

そう、超合金ですよね~。
憧れたけど、買ってもらった記憶がない(^_^;)

161106122034s

続きましては、冒頭でも紹介した
戦隊ヒーローシリーズ。
こちらは、レッドヒーロー大集合です。

161106122120s 161106122150s

この辺りから1980年代。
電子ゲームが大量に登場。

161106122546s

こちらも一世を風靡したたまごっち。

161106122226s 

そうそう、女の子向けもちゃんとあります。

161106122304s 161106122334s

ままごと関係は男の子でも好きでしたよね。

161106123408s

最後はモデルコールマイン。
1900年代初頭に18年の歳月をかけて作られた
炭鉱町のジオラマです。

161106124910s

バンダイミュージアムも丸々1時間滞在。
近傍のスタンドで給油して再出発。

161106130912s

20分ほどでランチスポット到着。

161106130920s

こちらは…スナックで居酒屋で食堂という
ダンカラホール魚仁さんです。

161106130948s

海無し県の栃木県ですが、こちらの名物は
なんと言ってもお刺身。

161106132438s

すでに午後1時半に近い時間ですが
ほぼ満席という状況でした。

161106134554s

整いました~(^.^)/
刺身定食の上盛り1080円なり。
ごはん1杯では足りず、おかわり100円増し
でしたが、大満足のコスパでした。

161106140712s

店内には何故か野菜や果物も売ってますので
お土産にどうぞ。

161106140838s

さてと、ラストスパートと参りましょう。

161106153536s

ダンカラホールから北関東道、常磐道と辿り
約1時間半。
ツープラから10分遅れの午後3時半に
本日のゴール地点、守谷SA到着です。

161106153632s

ということで解散ドラミ。
管理人は影で出演です。

161106161910s 161106162928s

オイラはお土産買って、給油して帰宅が午後4時半。
暑くも無く、寒くも無くちょうど良い陽気のもと
たっぷり目の保養をさせていただきました。
スマートYさんをはじめ、ご参加の皆様お疲れ様でした。
次の機会も、よろしくお願いいたしますm(__)m

それでは恒例、TC駆凜ムービーをお楽しみください(^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016 Autumn Vacation in Taipei vol.4

161022044740s

↑これ、日本時間です。
時差1時間なので、午前3時45分起床。

161022052204s

薄暗いロビーに集合です。

161022052924s 161022052938s 

最後の異国情緒。

161022053206s

この旅、最後のバスは初めての4列シート。

161022054418s

10分弱で桃園国際空港に到着。

161022054724s

3日前に下ったスロープを登ります。

161022054856s

週末だからでしょうか、早朝というのに
搭乗手続きカウンターは長蛇の列。

161022061222s

20分ほどで通過して、今度は出国手続き。

161022062558s

飛行機は6時40分発のスクート202便。

161022062924s

さすがに早朝すぎて、ほとんど選択肢が
ありませんでしたが、最後のお土産を物色。

161022065836s

出発40分前に搭乗ゲートへ。

161022070038s

週末、日本で過ごす方たちでしょうか。
椅子を探すのも困難なほど混雑しています。

161022070826s

搭乗するスクート機の向こうに
ちょうど朝日が上ってきました。

161022072632s

はい、帰国前の定番「自撮り」です。

161022085426s

プロトレックのタイムゾーンを
「TAIPEI」から「TOKYO」に戻しましょう。

161022111208s

出発は定刻より遅くなりましたが
飛行時間3時間ほどで無事に成田到着。

161022111550s 161022111652s

第二ターミナルも広い。

161022112504s

それでも、飛行機を降りてから
15分ほどで手荷物と再会。

161022113434s

同じく20分後にはお迎え場所に辿りつきました。

161022115000s

セントラルパーキングさんのバスで
いつもどおり、オデッセイの前まで
送っていだだきました。

161022120108s

日本時間はちょうどランチタイム。
成田市内で銚子丸を発見。
がっつりランチして仕上げました。

さて、旅を総括しましょうか。
基本、何を食べても美味しい。
防犯上の問題もほとんど感じない。
交通網もしっかりしている。
何と言っても物価が安い。
正直、パスポートがあれば
国内旅行より、はるかにコスパが高い。

「リピーター確実だぜ台湾(^.^)/」
ってことで、秋休みin台湾終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016 Autumn Vacation in Taipei vol.3

さて、秋休みイン台北の日程は、一応「3泊4日」ですが、
最終日は早朝便での出発なので、今日が実質最終日。

161021080342s

今朝もがっつりモーニングです。

161021083620s

昨日よりはゆっくりの出発なので
少し、ホテル内探検もしました。

161021083938s 161021083944s

今日は朝から好天に恵まれています。

161021093522s

チェックアウトコーヒーがサービスされました。

161021095030s

昨日までと同様3列シートのバスですが
車両が変わりました。

161021100020s

今日は金曜日なのでウイークデイ。
通勤時間帯はスクーターの大洪水。

161021104236s

朝イチで連れてこられたのは
こちらのタイアップショッピング店。

161021100724s

定番のお茶セミナーだけお付き合いして
とっとと街中散策へ。

161021101910s

この場所は、昨日訪問した国立中正紀念堂の
すぐ目の前でした。

161021102040s

まだ午前9時なので、街角のお店は
朝食を求める皆さんで混雑してました。

161021102208s 161021102346s

161021102358s 161021102516s

こういう路地裏散策って、日本でも海外でも
ワクワク感があって楽しいですね。

161021110844s

さて、ここからバスで長距離移動開始です。
最初は高速道路。

161021114548s

終盤は強烈な山道を、かなりのスピードで
通過しました。

161021114742s 161021114752s

台北から1時間半ほどで目的地到着。

161021114844s 161021114858s

大雨の中でしたが、観光客でごった返してます。

161021115052s 161021115140s

はい、こちらが天燈上げで有名な十分です。
「荒天中止」の注意書きでしたが
無事に決行することになりました。

161021115846s

お願いごとをしたためて、大空高く舞い上げます。

161021120030s 161021120054s

天燈は4面ありますので、同行のEさんご夫婦と
分けてカキコしました。

161021120132s_2

さあ、線路の上でテイクオフ!!

161021120134s 161021120138s

雨が降り、風も吹くという悪条件で
街灯にひっかかって炎上なんて天燈がある中
順調に上昇。

161021120144s

本当に、山の向こうに見えなくなるまで
飛んでいってくれました。

161021121936s 161021121926s

さて、イベント終了後は、先程来見えている
線路の主「平渓線」での移動になります。

161021122054s 161021122110s

ローカル駅の雰囲気たっぷりですが…

161021122220s

ICカードの改札が整備されています。

161021122620s

我々は1回限りの短距離移動なので
通常の切符です。

161021122056s 161021122630s

さてと、ホーム向かいましょう。

161021122758s

昔懐かしい、ポイント切替機がありました。

161021122152s 161021123118s

そうそう、平渓線は猫がたくさんいることでも
有名な鉄道です。
十分の駅でも会うことができました。

161021123701s

定刻どおり、平渓線が入線してきました。
ご覧の通り、この区間に架線はありませんので
ディーゼル車になります。

161021124802s

先ほど天燈上げをした店先を
文字通りかすめながら通りぬけます。

161021131552s 161021131558s

十分から約45分で目的地に到着。
雨はあがりましたが、猛烈な蒸し暑さ。

161021131620s

こちらは瑞芳という駅になります。

161021131758s

綺麗に整備された地下道を通って改札へ。

161021131950s

スタンプを押すと切符を持ち帰ることができます。

161021132056s

ローカル線ということですが
地元の東武線並みの本数は走っていますね。

161021132342s

こちらは瑞芳駅の外観。

161021132140s 161021132150s

駅前周辺も、当方の地元よりは
ずっと賑わいがある感じ。

161021132536s

ここで、十分で分かれたバスと合流しました。

161021132558s

さて、再出発です。

161021133422s 161021133428s

雨上がりの山道をバスは進みます。

161021133928s

瑞芳の駅から15分ほどで次の目的地に到着。

161021134348s

こちらは九份

161021134412s 161021134536s

とことん、階段と坂道の町ですが…

161021134714s 161021134730s

ここまで登ってくると、もうお分かりですね。
そう「千と千尋の神隠し」のモデルになったのではと
日本で噂になった町です。
(噂はジブリが正式に否定しているそうです)

161021134742s 161021134800s

確かに雰囲気たっぷりなのですが
狭いのに観光客が多いので
とにかくごったがえしています。

161021135338s 161021135358s

さらに登って、本日のランチスポット到着。

161021135528s_2

東シナ海の見える席に陣取ったら…

161021140004s

もちろんビール。

161021140146s

供された中華料理は可も無く不可も無く。

161021135424s 

あとは集合時間までの約1時間
フリータイムとのことなので
早速、散策開始です。

161021143324s 161021145140s

161021145426s 161021145430s

161021145920s 161021150326s

革細工、木工細工、雑貨屋、食べ物屋の
繰り返しという感じ。

161021151452s

悠然と構えるワンコに見送られて
山を下ります。

161021151944s

東京の下町以上の「木密地域」
火災の備えは万全でしょうか?

161021152050s

鉱山だったという九份。
トロッコ用と思われる線路が残っていました。

161021152558s

我々は集合時間の5分前にバスに戻りましたが
道に迷った同行者が2組4名いて
30分ほど、出発が遅れました。

161021163712s

バスはフリーウエイをひた走り
2泊した台北の市街地を横目に
さらに西へと向かいます。

161021165000s

ここは新北市周辺でしょうか。
大規模マンションが林立していますので
台北のベッドタウンになっているようです。

161021165534s 161021165738s

九份からちょうど1時間ほどで一般道へ。

161021170324s_2 161021170420s

駐車場にバスが入りました。

161021170800s

ここから徒歩で、目的地に向かいます。

161021170922s

三峡河を渡ると…

161021171104s_2 161021171136s

三峡祖師廟。

161021171138s 161021171404s

お寺の数はコンビニより多いとのことですが
どこも、雰囲気は一緒ですね。

161021171702s 161021173026s

さてと、短時間ですが老街散策。

161021171618s 161021171630s

161021171910s 161021172950s

30分ほどしか無かったので
慌しく、駄菓子系のお土産買って終了。

161021173600s

さてと、バスに戻りましょう。

161021174548s 161021174600s

夕刻の雑踏の中、この旅最後の観光地へ。

161021175836s

三峡老街から10分ほどで到着。

161021180044s 161021180238s

こちらは鶯歌(日本語でインコのこと)。

161021180250s

陶瓷老街の名前のとおり、陶器の町です。

161021180512s

個人的には、じっくり見たい場所だったのですが
実質30分弱なので、またまた慌しく一巡り。

161021182456s

最初に見上げた老街陶芸館を通過して
バスに戻りました。

161021202324s

あちらこちらで退勤ラッシュに巻き込まれながら
30分ほどで、最後の宿泊地
シティスイーツ桃園ゲートウェイホテルに到着。

161021191342s 161021191352s

豪華さはありませんが、ダブルベッドがツインで
広々と寝られそうです。

161021191358s

明日飛び立つ、桃園国際空港が目の前です。

161021193532s 161021193702s

ホテルで夕食。
食べ切れないほどの中華でした。

161021210940s

部屋に戻ってNHK。
うわっ、鳥取で大地震があったんだ(@_@;)

161021211300s

ニュースを見ながら呑気にビール飲んでました。
すみませんm(__)m

以上、今日も盛り沢山、秋休みin台湾3日目でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016 Autumn Vacation in Taipei vol.2

161020080822s

秋休みin台湾2日目はホテルの中庭状の吹き抜けにある、
こちらのモーニングビュッフェからスタートです。

161020074620s 161020075206s

滝やエレベーターを見上げながらの朝食は
初体験であります(^_^;)

161020074248s

メニューはガッツリ系の中華から和食まで
多種多様に取り揃えられていました。

161020082654s 161020082656s

お天気は今のところ雨。
天気予報も降ったり晴れたりという感じでした。

161020084438s

昨日と同じバスで移動開始。

161020090442s 161020092636s

雨でも無数のスクーターは
元気に走行中でした。

161020093038s

45分ほどで本日第一の目的地
故宮博物院に到着しました。

161020094038s 161020094228s

とりあえず雨なので、屋内の観光は助かります。

161020094742s 

博物館系の見学だと定番ですね。
イヤホンガイドが配布されました。

161020095036s 161020095130s 

161020103114s 161020103648s

161020102150s 161020095232s

161020105034s 161020105026s

161020095618s 161020100458s

161020100648s 161020101550s

161020101546s 161020101538s

161020102822s 161020102958s

161020103918s 161020104408s

名物「白菜」は見ることができましたが
上海博物館ほどの迫力ある展示物は
あまり無かったかな。

161020112214s 161020112220s

1時間半ほどで、ほぼ一回りした感じ。
外に出てみると、ご覧の青空が広がっていました。

161020115536s

バスで15分ほど移動して、本日2箇所目の
観光スポット「忠烈祠」に到着。

161020115736s

辛亥革命、中華民国建国、日中戦争などで
戦没した英霊を祀る祠です。

161020115650s 161020115716s

忠烈祠には、まばたきもせず
直立不動の衛兵が大門に2名。

161020120754s

大殿に2名配置されています。
この衛兵が日中の正時ごとに交代するのが
こちらの見所です。

161020120246s

はい、靴音高らかに5人の衛兵が出てきました。

161020120304s 161020120320s

大門前で直角に曲がり、大殿に向かいます。

161020120602s 161020120642s

まとわりつく観光客を一瞥することもなく
一糸乱れぬ行進。
石畳の縞模様は軍靴の跡を残しています。

161020121004s 

大門から10分弱で大殿に到着。

161020121028s

ここでようやく、1時間の役目を終えた
衛兵が台から降ります。

161020121148s 161020121150s

銃剣を様式に則りハンドリングしたあと

161020121216s 161020121220s

次の1時間を担う衛兵に交代。

161020121358s

他の衛兵退出後。

161020121508s 161020121548s

1時間の「激務」始まりです。

161020121918s

ご覧の好天で気温も急上昇。
歩くだけでも肉汁たっぷりです。

161020122234s

大門の衛兵さんも1時間お疲れ様。

161020122416s 161020122500s

こちらでも一糸乱れぬハンドリング。

161020124508s

さて、20分ほど移動して
この手の旅行には定番の強制ショッピング。

161020130916s 161020131014s

161020131534s 161020131544s

161020131726s 161020132150s

ショッピングに興味はないので
ぶらり街中散策ですごしました。

161020133826s 161020134012s

バスでちょびっと移動して
こちらが本日のランチスポット。

161020135840s 161020140500s

ぎゅうぎゅう詰めの座席に
放り投げるように食器を扱う雑な店員
というシチュエーションでしたが
味はGOOD!
特に上海では痛い目にあった小龍包は
味も量も大満足でした。

161020142438s

さて、バスに再乗車して次の目的地に向かいましょう。

161020144246s

バスに乗ること15分。

161020144342s

正門からだと、炎天下500m近く
歩かないといけないので、横門から入場。

161020144330s

補修工事の足場とシートが残念ですが
こちらは国立中正紀念堂

161020151502s

主はこちら、初代中華民国総統「蒋介石」

161020151512s

こちらも衛兵が護衛していました。

161020145742s 161020145928s

161020150046s 161020150148s

161020145434s 161020150554s

時代に翻弄された生涯が、数多くの資料と共に
紹介されています。

161020150428s 161020150258s

161020150420s 161020150306s

161020150456s 161020150506s

161020150446s 161020150512s

個人的に興味深かったのは防弾ガラス仕様の
新旧キャデラック。

161020150808s

再現された執務室には…

161020150908s

ご本人が鎮座されていました。

161020151610s

朝の雨がうそのような好天気ですが酷暑。
蒋介石の年齢に合わせた89段の階段には
挑戦しませんでした。

161020153016s

さてと、反対側の横門から退場します。

161020153352s

バスのエアコンが心地よい。

161020153706s

台湾総統府は車内から慌しく見学。

161020154858s

またまたバスで15分ほど走りまして
次の観光地。

161020154934s

日陰を歩いても、まとわりつくような高湿度。

161020155124s

こちらは龍山寺。

161020155424s

ビルの谷間のたたずまいは
さながら浅草の浅草寺?

161020155840s 161020155928s

平日の日中ですが、諸々祈願の方たちで
ごった返しておりました。

161020160718s_2 161020160938s 

161020161024s 161020161052s

もっとも当方はお願いごとはないので
とっととお寺をあとに、周辺町並み散策。

161020161424s 161020161458s

崩壊寸前の屋上の構造物と無数のスクーター。
これも台湾ならではの景色ですね。

161020161838s

さて、本日最後の目的地へ向かいます。

161020164436s

20分ほどで連れてこられたのは免税店。
まったく興味はないので、アテンドのSさんに
お断りを入れて、自由行動することにしました。

161020165842s

まずはタクシーに乗車。
車種はトヨタウィッシュ。
初乗りは70台湾ドルです。

161020165726s 161020170002s

乗用車目線だと、さらにスクーターが
多く感じます。

161020170750s 161020170754s 

免税店から約5km、自由行動の目的地
士林市場に10分ほどで到着しました。
170台湾ドルなので600円弱ぐらいでした。

161020170824s 161020171222s

士林といえば夜市ですが、時刻はまだ午後4時過ぎ。
ようやく店開きをしはじめた市場内を散策します。

161020174330s 161020174510s

路地裏のほうが異国情緒を味わえますね。

161020175812s

小腹が空いたので、市場地下街で買い食い。
まずは大餅包小餅(35元)にチャレンジ。

161020175806s

狐色に揚げたパリパリの餅を砕いて
クレープ状の餅で包む。

161020175814s

フレーバーはカレーをチョイスしましたが
炭水化物イン炭水化物なので
飲み物無しだとかなりキツイ食べ物でした。

161020180432s 161020180758s

さてと、士林市場周辺を散策しましょう。

161020180804s

屋台が並ぶこの一角はヤシの並木が
南国っぽいです。

161020181632s 161020181648s

「パチンコ」と日本語表記の看板ですが
廃墟のようになっています。
調べたところ、1995年から台北市内は法令で
パチンコが禁止になっているそうです。

161020181942s 161020182508s

161020182514s 161020182622s

良い感じに陽が暮れてきました。

161020183032s

さあ、買い食い継続です。
まずはファミマでビールを調達。

161020183444s

つまみは揚げイカをチョイス。
これ絶品、ビールにあうあう。

161020183922s

続いて、台湾と言えばこれでしょのカキ氷。

161020184512s

マンゴー&ストロベリーにしました。

161020190828s

18時を回ると夜市も本領発揮。

161020190740s

臭豆腐だけは、チャレンジすることはおろか
近寄ることもできませんでした。

161020191210s 161020191418s

時間がたてばたつほど、人が増えていきます。

161020191856s

外周を一回りして、また士林市場に戻ってきました。

161020193130s

地下の屋台村で仕上げメニューを物色して
呼び込みが強烈だったシーフードのお店に突撃。

161020193716s

まずはビール。
激安メニューの数々がご覧いただけるでしょうか。

161020193910s

海老~(^.^)/

161020194100s

あわび~(^.^)/

161020194948s

牡蠣~(^.^)/
この3品全部で2000円ぐらい。
めっちゃ美味かった。

161020200922s

まだ19時ですが十分満腹。
お土産も大量に仕入れて帰途につきます。

161020201046s

台北の代表的交通機関MRT。
士林近傍の剣潭駅へ。

161020201056s

市街地から郊外まで、東京メトロなみに
路線網が張り巡らされています。

161020201252s

自動販売機で買うのは…

161020201344s

コイン型ICトークン。
再利用できると考えるとゴミも出ないし
エコですよね。

161020201420s

自動改札はトークンでタッチして入場。

161020201552s

おお、綺麗なプラットホームです。

161020201536s

オイラたちは、淡水信義線から板南線へ
乗り換えるルートを辿ります。

161020201642s

最短だと2分間隔で走っているMRT。
待ち時間はほとんどありません。

161020202056s

まだ退勤時間にも被っているのでしょうか。
車内はかなり混雑しています。

161020202606s

日本の鉄道と同様、運行案内も万全。
漢字なので迷うこともありません。

161020202644s

構内図も日本国内並みに充実。

161020202748s 161020202904s

案内板も明確なので迷うことはありません。

161020203146s

板南線も待つことなく入線。

161020203712s

ハワードプラザホテル近傍の忠孝復興駅に
近づきました。

161020203920s 161020203932s

ハワードホテル(福華大飯店)は
2番出口のようです。

161020203950s

トークンを投入して改札を出ます。

161020204214s_2

おや?みなれた「&」マークがありました。

161020204248s

ちなみに「SOGO」は日本のデパート
そごうです。

161020205456s

10分弱でハワードプラザホテルに到着。

以上、盛り沢山の秋休みin台湾2日目でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016 Autumn Vacation in Taipei vol.1

遅まきながら、夏休みをいただきました。
もちろん、夏真っ盛りにプランニングしても
良かったのですが、今年に関しては
末っ子君の修学旅行が10月に予定されていて
その日程に合わせれば「双方気兼ねなし!!」

行き先については、修学旅行に合わせて「沖縄」
なんて、末っ子がぞっとするようなことも
考えたのですが、毎度お世話になる旅物語さんの
まるかじり台湾北部 4日間」が\29,800からと
激安だったので、申込みすることにしました。

161019091858s

成田空港の集合時間は午前9時50分。
これまた毎度お世話になっている
セントラルパーキングさんにオデッセイを預けて
お約束の30分前に到着しました。

161019092002s 161019092026s

今回、ふみえみ家史上初のLCC利用の旅。
成田空港第二ターミナルも初利用となります。

161019092450s

旅物語さんの受付をすませたら
台湾のでっかいフラッグをくぐって
搭乗手続きです。

161019092554s

LCCは11時55分発のスクート。
シンガポールを拠点とするLCCです。

161019092708s

Bコーナーで手続き。
2人で3泊4日なのでスーツケースは
1個だけ預けました。

161019094234s

軍資金を両替して出発前の儀式は
一通り終了。

161019101828s

んで、お初の第二ターミナルを探検。
特に目新しいものはなかったので
とっとと出国手続きしました。

161019103952s 161019104158s

第二ターミナルも供用開始から20年以上とのことですが
第一ターミナルに比べると新しさを感じますね。

161019105004s

さて、LCCの常で食べ物も飲み物も有料。
しかも決済は「シンガポールドル」とのことなので
空港内でランチを済ませましょう。

161019110300s

色々と選択肢はあったのですが
「吉呑み」で落ち着きました。

161019111648s

見慣れない黄色と白の機体の787です。。

161019112900s

出発30分前から搭乗。

161019124248s

若干定刻を過ぎて離陸しました。

161019124526s 161019124530s

眼下には10月末というのに
全く冠雪してない富士山も見えました。

161019152338s 161019152656s 

成田出発から3時間半ほどで
台湾の町並みが見えてきました。

161019153012s

カメラの撮影記録による3時間40分で
無事に桃園国際空港に到着。
台湾はご覧の通り上天気です。

161019154148s

さて、入国手続きに向かいましょう。

161019154706s

おお、空港内も綺麗です。

161019161004s

長い行列でしたが、窓口もいっぱい開いていて
20分ほどで手続き完了して手荷物回収。

Dsc_0882ss

全員集合まで時間がありそうでしたので
ガイドブックに従い「iTaiwan」の申込み。
パスポート番号と生年月日で、主要な施設の
WIFIが使えるようになるサービスです。

161019163054s

アテンドは現地旅行会社スタッフのSさん。

161019163554s

さあ、空港外へ…

161019163822s

アヂ~(@_@;)
さすがに亜熱帯、日本の盛夏以上の
蒸し暑さです。

161019164500s

今回のツアー参加者は20名。
バスは3列シートの豪華仕様です。
5年前の上海旅行」でも同仕様でしたが
全然新しくて綺麗な車内です。

161019165842s 161019170140s

フリーウエイを走り抜け、最初の観光地
台湾北部「淡水」の紅毛城を目指します。

161019173700s 161019173724s

一般道に降りると一気に異国情緒。

161019173928s 161019173940s

翌日、お世話になる「MRT」の終点
淡水の駅前を通過。

161019174720s

はい、紅毛城に到着です。

161019174752s

これからの台湾滞在中、とことん目の当たりにするのが
驚くほどのスクーターの多さです。

161019174820s

さあ、入城しましょう。

161019175040s

こちらが紅毛城です。
17世紀に建築された台湾最古の建築物。

161019175410s 161019175406s

スペインの要塞としてスタートして
イギリスの領事館としても使われていたそうです。

161019175604s 161019175756s

以降、日本軍に接収されたり、オーストラリアの
大使館になったりと、数奇な歴史を辿りました。

161019180028s

それほど大規模な施設ではないので
20分ほどで見学は終了。

161019181126s

淡水河の向こうに
夕陽が沈んでいきます。

161019180636s

バスに再乗車して、さらに北進。
続いては情人橋観光に向かいます。

161019182128s

はい、こちらが台湾のデートスポットの
メッカ「情人橋」です。

161019182234s

雲さえ無ければ、日の入りジャストの
時刻だと思うのですが、少し残念な状況でした。

161019182104s

さてと、集合までまだ時間がありますので
付帯設備を覗きます。

161019182548s

…とか言いつつ、成田以降、
一切飲み食いしていないので
速攻目指したのがコンビニ。

161019182626s

まずは台湾ビール。
金牌ということでプレミアム系ですが
ご覧の500缶で48台湾ドル。
旅行時現在のレートが1台湾ドル=約3.3円
でしたので、おおよそ160円!
日本の350缶より安い(^.^)/

161019182858s 161019182856s

観光地での食べ歩きは原則ダメなお国なので
イートインコーナーも充実しています。

161019185340s 161019185826s

現地時刻で18時頃、台北市内方向に
再出発。

161019185956s

んで20分ほどで途中下車。

161019190240s 161019190430s

161019190854s 161019191236s

161019191208s 161019191256s

161019191430s 161019191538s

こちらは「淡水老街」
古い町並みという意味ですが
ゲーセンやカラオケもありました。

161019191816s

立ち寄りも買い物も一切無し。
20分ほどで歩き抜けてバスに再乗車。

161019202146s

あちこちで渋滞にまきこまれつつ
台北の中心地へ。

161019204836s

現地時間の19時30分。
ハワードプラザホテルに到着しました。

161019203642s 161019203652s

今回、若干課金してホテルをグレードアップして
おりますので、なかなか豪華な室内です。

161019205844s

さてと、今日の旅程に食事はついていません。
時刻はすでに20時なので夜市めぐりも
少々厳しい。

161019210054s

ということで、ガイドブックで目星をつけておいた
ハワードホテル近傍の24時間営業のショッピングセンター
誠品敦南店へ。

161019211840s

地下のフードコートには中華から日本でおなじみ
ラーメン花月までありましたが…

161019212004s 161019212358s

末っ子君を送り出すため4時半起きだったことと、
亜熱帯の暑さでへばった体がチョイスしたのは
何故か韓国料理になりました。
出国前の牛丼以来、ようやくまともな食事でしたが
台湾定番の甘い烏龍茶以外は美味でした(^_^;)

161019215140s 161019220102s

夜道も安全な台湾。

161019220804s_2

ぷらぷら歩いてホテルに戻りました。

161019232443s 161019232444s

帰途のコンビニで入手した台湾ビール金牌と
パイナップルビールで仕上げ。

以上、秋休みin台湾1日目でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不惑男のV-MAXな日々vol.56(ツーレポ@信州の温泉&高原お泊り)

平成28年度上半期のツーリング開催が
「ゼロ」で終わってしまう寸前だった
ツーリングクラブ駆凜。
平成28年9月24日付、一念発起のツープラは、
なんと史上最速のお泊りツーリングとなりました。

160924085714s

前日からの雨が朝まで残る予報となり
当初の予定を割愛して、集合時間を
後ろ倒ししました。

160924085728s

…ということで、ナビなどをセッティングして
午前9時過ぎに野田を出発しました。

160924114632s

途中、給油やら買い物やらで寄り道しつつ
約2時間半で集合場所の関越道上里SA到着。

160924114756s

重鎮お二人は例のごとく先着です。

160924121002s

t.t.powerさんたちの合流はもう少し後
ということでしたので、この3人でランチ。

160924122506s 160924122500s

程なく、t.t.power&友情参戦KAZさん合流。

160924124310s

雲の加減でぽつりぽつりと雨粒を感じる程度ですが
団長&技能長はカッパ装着。

160924124106s

給油も済ませて…

160924124338s

いざいざ出発。
上信越道を碓氷軽井沢まで下り
中軽井沢から折れて北軽井沢方面へ…

160924140930s

天気がよければバックは浅間山になるはず
なのですが、とことんガスの中。

160924141410s

到着したこちらは浅間火山博物館

160924141006s

んでも、目的は火山ではなく…

160924141550s

坂道を少し登った先にある…

160924141540s

浅間記念館です。

160924141556s

ただし入場チケット(300円)は火山博物館で購入します。

160924141640s

大藪春彦氏の名作「汚れた英雄」で北野晶夫も走った
浅間高原レースの歴史を紐解くバイクの展示館です。

160924141920s 160924141936s
160924141942s 160924141948s
160924142000s 160924142642s
160924142108s 160924142142s
160924142152s 160924142416s
160924142510s 160924142926s

ナンバー付きで現役レベルを含むビンテージバイク達が
磨き上げられて、ログハウス風の館内に展示されています。

160924144240s 160924144256s

さてと、再出発。
北軽井沢で給油して、鳥居峠を経由し
上田方面に走ります。

160925084850s

2時間ほどで本日の宿泊地、戸倉上山田温泉の
リバーサイド上田館に到着。
バイクは地下駐車場に案内されました。

160924171702s 160924171754s

ライジャケ脱いだらすぐに買出し。
温泉の前にまず乾杯。

160924183558s 160924183602s

もちろん、お風呂上りにもう一杯。

160924184806s 160924184752s

引き続き、ディナーバイキング会場に突撃。
会場は広大で、入場時刻の指定も無く
この手の夕食にありがちな席取りゲームも不要です。

160924185140s

まずは、オイラを含めた5人で乾杯。

160924191404s

そして、何故かここから盛り太君登場。
実は午前中、仕事をこなしてから
単独走行でお泊りに合流してくれました。

Dsc_0859s

そうそう、さすが信州の温泉地。
呑み放題には、私の大好物「真澄」も
ラインナップされていました。

160924203644s

部屋に戻って本日5回目の乾杯(^_^;)

160924211326s

あ…団長が堕ちた(-_-)zzz

160925084714s

さて、日付が変わりまして9月25日。
朝風呂でも確認済みですが、
今日は昨日と打って変わって上天気です。

160925084738s

今回、盛り太君のレンタルバイクは
ヤマハ渾身の中型スポーツR3です。

160925084756s

そうそう、都合によりt.t.power&KAZさんは
ここにてお別れで直帰されます。

160925090556s

まずは最寄のGSでガソリン補給。

160925100046s

1時間ほどで和田宿のコンビニに到着。
本当にツーリング日和です。
バイクも数え切れないくらい走ってます。

160925101130s

コーヒー&トイレ休憩しました。
これから美ヶ原高原に挑みます。

160925105014s

和田宿からのルートは、ラストがかなり
キツイのですが、約30分で登頂しました。

160925105044s

記念撮影して帰途につきましょう。
岡谷ICから中央自動車道を辿ります。

160925133346s

はい、美ヶ原高原から約2時間半。
盛り太君のレンタルバイクの返却時間を確保するため
ノンストップで談合坂SAに到着しました。

160925133350s 160925133422s

こちらも無数のバイクが集まってました。

160925133448s

さてと、ちょっと遅めのランチに向かいましょう。

160925135648s

14時近い時刻ですがフードコートは
相変わらずのごった返し。

160925135552s 160925135554s

食券買ったはいいが、席が無い。

160925135542s 160925135546s

何とか着丼前に席を確保しました。

160925135728s

技能長&団長の醤油ラーメン

160925140014s

オイラの鶏塩ラーメン

160925135726s

そして「共食い」盛り太君の豚丼です。

160925142938s

解散ドラミが盛り太君リクエストどおりの
14時30分。

160925161304s

中央道は相変わらず上野原あたりから
大渋滞になっていましたが
オイラは八王子から圏央道へ脱出。
1時間半ほどで野田に到着して給油。

160925162222s

総走行距離約577km!!

16092425map

久しぶりに走り応えのあるツーリングでした。
TC駆凜構成員の皆様お疲れ様でした。
またの機会もよろしくお願いいたします。

まずは、オイラが撮影した動画を
手抜きの無編集にてm(__)m

動画①

動画②

動画③

動画④

動画⑤

動画⑥

動画⑦

続きましてはt.t.powerさん監督作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«エイジングビーフ@西日暮里